このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
本文ここから

低所得の子育て世帯に対する子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親世帯以外の子育て世帯分)のお知らせ

最終更新日:2021年8月2日

新型コロナウイルス感染症による影響が長期化する中、低所得の子育て世帯に対し生活の支援を行う観点から支給される国の給付金です。
(注記)すでに新規ウインドウで開きます。子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親世帯分)を受給された方は対象外です。

概要

給付金の対象となる方

  1. 令和3年4月分の児童手当または特別児童扶養手当を受給していて、令和3年度住民税均等割が非課税の方【申請不要】
  2. 1のほか、18歳未満の児童等(注記)を養育する父母等で、以下のいずれかに該当する方【申請必要】
  • 令和3年度住民税均等割が非課税の世帯(高校生以上のお子さんのみを養育されている方)
  • 令和3年度住民税均等割は課税であるが、新型コロナウイルス感染症の影響で令和3年1月以降の家計が急変し、収入が非課税世帯と同等水準まで減少した世帯

(注記)勤務先で児童手当を受給する公務員で令和3年度住民税均等割が非課税の方は申請が必要です。
(注記)18歳未満の児童等とは、平成15年4月2日~令和4年2月28日までに出生した児童のほか、特別児童扶養手当の対象児童については平成13年4月2日以降に出生した方も含みます。

家計急変に該当する収入の目安(参考)
扶養人数 非課税相当の収入限度額
1人 146.9万円
2人 187.7万円
3人 232.7万円
4人 277.7万円
5人 322.7万円
  • 父母の収入を比較し収入の高い方で、令和3年1月以降任意の1か月分の収入を12倍した年収見込額が、表の非課税相当の収入限度額以下であるかどうかで支給対象となるか判断します。
  • 扶養人数は、同一生計配偶者(収入金額103万円以下)と扶養親族(16歳未満の方も含む)の合計です。

給付額

児童一人当たり5万円

1.令和3年4月分の児童手当または特別児童扶養手当を受給していて、令和3年度住民税均等割が非課税の方【申請不要】

支給日

対象となる方には個別にご案内を郵送し、直近の児童手当または特別児童扶養手当の受給口座へ振り込みます。振込日はご案内でお知らせします。

受給を希望されない方

ご案内の期日までにダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。「受給拒否の届出書」(PDF:81KB)をご提出ください。

2.に該当し、申請が必要な方【申請必要】

申請期間

令和3年8月11日(水曜日)から令和4年2月28日(月曜日)まで

申請方法

  1. 郵送による申請…下記の『申請に必要な書類』をご確認いただき、ダウンロードした申請書等にご記入のうえ必要書類を添付し、子育て支援課へ郵送により申請してください。(感染症対策のため、郵送による申請にご理解・ご協力をお願いします)なお、申請書および記入要領等は各出張所でも配布しています。
  2. 窓口での申請(予約制)…書き方が不明の場合は、事前予約のうえ、子育て支援課窓口で申請を受け付けます。下記予約先へ電話で申込みをお願いします。申請受付時間は平日の午前9時から午前11時、午後1時から午後3時です。

予約先電話番号:049-293-9071(富士見市子育て世帯生活支援特別給付金担当)

申請に必要な書類

ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。1.「子育て世帯生活支援特別給付金申請書(様式第3号)」及び「簡易な収入見込額の申立書(様式第4号)」(PDF:451KB)
ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。記入例はこちらです。(PDF:631KB)ご参照の上、ご記入ください。

  • 「子育て世帯生活支援特別給付金申請書」は3ページありますので、記入漏れのないようご注意ください。(特に【誓約・同意事項】のチェック欄は、お忘れなく全てチェックをお願いします。署名欄は、本人が署名してください。)
  • 申請内容についてお電話で確認を取らせていただくことがありますので、電話番号は日中連絡のつきやすい番号をご記入ください。
  • 「簡易な収入見込額の申立書」で令和3年1月以降の任意の1ヶ月の収入を12倍した額が、非課税相当収入限度額以下であるかどうかで、本給付金の支給対象となるのか判断します。
  • 勤務先で児童手当を受給する公務員で令和3年度住民税均等割が非課税の方は、申請書に所属庁の受給証明を受けた上で提出してください。

(注記)当該申立書(収入)において要件を満たさない場合でも、下記「6.簡易な所得見込み額の申立書(所得)」において要件を満たす場合には、本給付金の支給対象となります。

2.申請者本人確認書類の写し(コピー)

3.受取口座を確認できる書類の写し(コピー)

  • 通帳やキャッシュカードなど、受取口座の情報を確認できる部分のコピーを送付してください。長期間入出金のない口座を、本給付金の受取口座にはしないでください。

4.収入等が確認できる書類(本人及び配偶者等)

  • 「簡易な収入見込額の申立書」で記入した収入額が確認できる、給与明細書、帳簿、年金振込通知書、通帳、経費の内訳がわかる帳簿などのコピーを送付してください。(恒常的に所得が高い方が無収入の場合、「無収入に関する申立書」を記入の上、送付してください。

ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。5.「無収入に関する申立書」(PDF:83KB)

ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。6.「簡易な所得見込額の申立書(様式第5号)」及び記入例(PDF:599KB)

  • 記入例を参照の上、ご記入ください。
  • 令和3年1月以降の任意の1ヶ月の収入を12倍した額から給与所得控除や必要経費を引いた所得が、非課税相当所得限度額以下であるかどうかで、本給付金の支給対象となるのか判断します。

(注記)令和3年度住民税均等割が非課税の世帯で高校生以上のお子さんのみを養育されている方については、「簡易な収入見込額の申立書」と4以下の書類は必要ありません。

支給について

  • 申請書を審査し、支給が決定しましたら「支給決定通知書」を送付します。支給日についても、その中でお知らせいたします。
  • 審査の上、不支給となる場合には「不支給決定通知書」を送付します。
  • 書類に不備がある場合や、不足の書類がある場合は、申請は保留となりますので、再提出などの連絡がありましたら速やかにご対応いただくようお願いいたします。

制度に関するお問合せ

厚生労働省コールセンター
制度全般に関するお問い合わせや、ご意見につきましてはこちらのダイヤルへお願いいたします。
TEL:0120-811-166(受付時間:平日9時~午後6時)

お問い合わせ

富士見市役所子育て支援課 子育て世帯生活支援特別給付金担当

〒354-8511
富士見市大字鶴馬1800番地の1

電話:049-293-9071


サブナビゲーションここから
ページの先頭へ
SP版ページの先頭へ