このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
本文ここから

ロタウイルスワクチン定期予防接種について

最終更新日:2020年10月2日

令和2年10月1日からロタウイルスワクチンが定期予防接種になります。

予防接種法の改正により、令和2年10月1日からロタウイルスワクチンが定期接種になります。
ワクチンを接種することにより、ロタウイルス重症胃腸炎による入院患者を約70~90%減らすことができたと報告されています。
ロタウイルスワクチンは2種類あり、それぞれ接種可能期間、接種回数が変わりますのでご注意ください。

接種開始時期

令和2年10月1日(木曜日)から
(注記)令和2年9月30日以前に接種した場合は、任意接種の扱いとなり全額自己負担になりますのでご注意ください。

対象者

接種日に富士見市に住民票があり、令和2年8月1日以降に生まれた方

接種回数・方法

ロタウイルスワクチンは2種類あり、どちらも生ワクチン(弱毒化したウイルス)で、経口による接種を行います。医療機関で相談し、どちらかのワクチンを選んでください。なお、途中からワクチンの種類を変更することはできませんので、最初に接種したワクチンを2回目以降も接種します。

ワクチンの種類によって接種回数や接種期間が変わります

経口弱毒性ヒトロタウイルスワクチン(1価:ロタリックス)
  • 生後6週から生後24週までに27日以上の間隔をあけて2
5価経口弱毒生ロタウイルスワクチン(5価:ロタテック)
  • 生後6週から生後32週までに27日以上の間隔をあけて3

標準的な初回接種期間

  • 生後2か月から生後14週6日まで

(注記)いずれのワクチンも初回接種は生後14週6日までに実施してください。生後15週以降の初回接種は週齢が高くなるにつれて自然発症による腸重積症のリスクが増加するので、お勧めできません。

料金

無料
(注記)令和2年9月30日以前に接種した場合は、任意接種の扱いとなり全額自己負担になりますのでご注意ください。

接種場所

定期予防接種実施医療機関にて接種してください。
定期予防接種実施医療機関(富士見市・ふじみ野市・三芳町)
実施医療機関以外で接種を希望する場合は、事前に健康増進センターへお問い合わせください。

持ち物

  • 母子健康手帳
  • 保険証等の住所及び生年月日が確認できるもの
  • 予診票

令和2年8月1日から令和2年9月30日までに生まれたお子さんには予診票を個別に郵送します。

ロタウイルスに関する情報

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。ロタウイルス(外部サイト)(厚生労働省ホームページより)
外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。ロタウイルスに関するQ&A(外部サイト)(厚生労働省ホームページより)

お問い合わせ

健康増進センター 保健予防係

〒354-0021 埼玉県富士見市大字鶴馬3351-2

電話:049-252-3771

ファックス:049-255-3321

このページのお問い合わせ先にメールを送る


サブナビゲーションここから
サブナビゲーションここまで
ページの先頭へ
SP版ページの先頭へ