このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
本文ここから

女性の健康づくり

最終更新日:2022年3月1日

女性が生涯を通じて健康で明るく、充実した日々を自立して過ごすことを総合的に支援するため、厚生労働省は毎年3月1日~8日を「女性の健康週間」と定め、女性の健康づくりを国民運動として展開しています。近年、女性の生き方が多様化し、ライフスタイルや女性を取り巻く環境も変化しています。健康に対して常に関心をもち、定期的に健(検)診を受け、身体の変化や不調に気づくことが大切です。

現代女性の健康問題

女性は思春期、成人期、更年期、老年期と、生涯を通じてホルモンバランスが大きく変動します。また、妊娠や出産によって男性とは異なる心身の変化をします。
現代の女性は、ライフスタイルが多様化し、晩婚化や出産数の減少などにより、男女共通の健康問題(がんや心臓血管系疾患)以外にも、女性ホルモンの低下に関連して起こりやすい健康問題(骨粗しょう症・骨折、関節・筋肉の変形や弱化、認知症など)も増加しています。
さらに、閉経を迎える50歳の前後10年を更年期と呼び、急激な女性ホルモンの減少により、さまざまな症状が起こりやすくなります。また、生活習慣病のリスクが上がるのもこの時期です。ホルモンが乱れやすい更年期の女性の病気のケアは、早めの対応が重要です。
女性が生涯を通じて健康で明るく、充実した日々を自立して過ごすために、自らの健康に目を向け、自らが健康づくりを実践できるように、日頃から病気の予防・早期発見のために健(検)診を受け、食生活・運動・メンタルヘルスケアの習慣を身につけましょう。

がんは早期発見がカギ!

2人に1人が何らかのがんにかかるという統計もありますが、早期発見・早期治療により約9割が治るとも言われています。症状のないうちに検診で見つけて治療することが大切です。

子宮頸がん検診

子宮頸がん検診は20歳以上の女性が対象です。(2年に1度)
子宮頸がんは、40歳代の女性に発症ピークがありますが、近年、10代後半から20代の若い世代に発症率が増加しています。
初期の子宮頸がんは自覚症状がないので、検診は大切です。
(注記)子宮頸がんはHPV(ヒトパピローマウイルス)ワクチンでも予防することができます。詳しくはこちらをご覧ください。
子宮頸がん予防ワクチン接種について

乳がん検診

乳がん検診は40歳以上の女性が対象です。(2年に1度)
また、市では30歳以上、40歳未満の女性の方で、医療機関で乳がん検診を受けた方に、補助金を交付しています。
乳がんは、早期発見・早期治療によって治る可能性が高いです。
若いうちから、月1回、自分の乳房を見て、指の腹で触る自己触診を行いましょう。

子宮頸がん検診、乳がん検診についてはこちら

検診サービス

生涯を通じた女性の健康相談

女性特有の病気や女性にみられる心身の不調について、相談をお受けしています。

関連リンク

お問い合わせ

健康増進センター 健康づくり支援係

〒354-0021 埼玉県富士見市大字鶴馬3351番地の2

電話:049-252-3771

ファックス:049-255-3321

このページのお問い合わせ先にメールを送る


サブナビゲーションここから
サブナビゲーションここまで
ページの先頭へ
SP版ページの先頭へ