このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
本文ここから

富士見市派遣社員の新型コロナウイルス感染症の感染について

最終更新日:2022年2月22日

概要(2月22日現在)

令和4年2月21日(月曜日)、新型コロナウイルス感染症緊急生活支援対策室の令和3年度住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金事業に係る派遣社員が、新型コロナウイルス感染症の陽性と確認されました。

感染者情報

経過、症状等
2月18日(金曜日)最終出勤日。出勤時、症状なし(勤務中はマスクを着用)。同居家族が発熱のため早退。同居家族の陽性判明。
2月19日(土曜日)PCR検査を実施。陰性と判明。
2月20日(日曜日)当該派遣社員に夜から喉の痛みの症状あり。
2月21日(月曜日)再度PCR検査を実施。陽性と判明。

市の対応について

  • 派遣社員が陽性となったことを受け、2月21日(月曜日)に事務室内の消毒を実施し、通常通り業務を行っています。
  • 国立感染症研究所が示す、「新型コロナウイルス感染症患者に対する積極的疫学調査実施要領」に照合した結果、職場内での濃厚接触者はおりません。
  • 当該社員の周辺職員及び派遣社員の体調管理を引き続き徹底します。
  • 当該社員の復帰時には、十分な体調確認を行います。

お問い合わせ

新型コロナウイルス感染症緊急生活支援対策室

〒354-8511 埼玉県富士見市大字鶴馬1800番地の1 分館3階

電話:049-251-2711(内線293)

ファックス:049-255-1395

このページのお問い合わせ先にメールを送る


サブナビゲーションここから
サブナビゲーションここまで
ページの先頭へ
SP版ページの先頭へ