このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
本文ここから

健診サービス

最終更新日:2020年5月1日

成人の健診サービス

毎年1度はからだの健康チェック。富士見市では検(健)診などの機会がない方に次の検(健)診を集団・個別で実施しています。
検(健)診によって受診方法や日程などが異なりますので、内容を確認して受診してください。

申込み・受診/2市1町の実施医療機関一覧(富士見市・ふじみ野市・三芳町)

申込み・受診/市内実施歯科医療機関

令和2年5月開始を予定していた胃内視鏡検診及び令和2年6月開始を予定していた個別がん検診、健康診査等について、 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、 開始を7月に延期することといたしました。

令和2年度 検診対象者
検診名受診料受診期間対象者(市民)受診場所

胃内視鏡検診
(胃部内視鏡検診)
(注1)

50歳から64歳まで
3,000円

7月から11月50歳以上
(昭和46年3月31日までの奇数月に生まれた方)
2年に一度の検診です
2市1町の実施医療機関

65歳以上
1,500円

7月から11月50歳以上
(昭和46年3月31日までの奇数月に生まれた方)
2年に一度の検診です
2市1町の実施医療機関
肺がん検診
(胸部X線撮影)
500円7月から11月40歳以上
(昭和56年3月31日までに生まれた方)
2市1町の実施医療機関
大腸がん検診
(検便2日分)
500円7月から11月40歳以上
(昭和56年3月31日までに生まれた方)
2市1町の実施医療機関

子宮がん検診
(子宮頸部細胞診)
(注2)

1,000円7月から11月20歳以上
(平成13年3月31日までの奇数月に生まれた方)
2年に一度の検診です
2市1町の実施医療機関
胃がんリスク検診
(ABCD検診)
500円7月から11月

今年度41歳になる方
(昭和54年4月2日~昭和55年4月1日に生まれた方)

2市1町の実施医療機関
肝炎ウイルス検診無料7月から11月40歳以上で未検
(昭和56年3月31日までに生まれた方)
2市1町の実施医療機関
成人歯科健診500円7月から2月20歳以上
(平成13年3月31日までに生まれた方)
市内の実施歯科医療機関
妊産婦歯科健診無料7月から2月妊娠中または産後1年未満の方
(1回の妊娠につき1回限り)
市内の実施歯科医療機関

(注1)胃内視鏡検診:次の方は対象外です
1.現在、胃がんで治療中もしくは経過観察中の方 2.胃や十二指腸の疾患で治療中もしくは経過観察中の方 3.胃全摘術後の方 4.咽頭・鼻腔などに疾患があり、内視鏡の挿入ができない方 5.呼吸不全のある方 6.急性心筋梗塞や重篤な不整脈などの心疾患のある方 7.あきらかな出血傾向またはその疑いのある方 8.重度の高血圧の方 9.妊娠中または妊娠の可能性のある方 10.入院中の方 11.1年以内に胃内視鏡検査を受けたことのある方
(注2)子宮がん検診:令和元年度未受診の偶数月生まれで今年度受診希望の方は、健康増進センターにお問い合わせください

早めの受診がおすすめです!
毎年10月から11月に受診される方が多く、インフルエンザの流行時期と重なり医療機関が大変混み合います。
富士見市では7月から9月の早期受診を推奨しています。

申込み・受診場所/健康増進センター
電話049-252-3771
FAX049-255-3321(聴覚障がいの方の申込みや問合せはFAXをご利用ください)

  • 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、 令和2年5月から6月に予定していた集団検診は中止することを決定しました。7月以降の集団検診の実施についてはこのページでお知らせします。
  • 令和2年10月から令和3年2月の期間は、健康増進センター改修工事のため集団検診は実施しません。ご了承ください。
令和2年度 集団検診日程表
検診名日程対象年齢など受診料申込開始日

胃がん検診
(胃部X線撮影
バリウム検査)

3月1日(月曜日)40歳以上
(昭和56年3月31日までに生まれた方)
定員:100人
500円2月1日(月曜日)
3月4日(木曜日)40歳以上
(昭和56年3月31日までに生まれた方)
定員:100人
500円2月1日(月曜日)
3月18日(木曜日)40歳以上
(昭和56年3月31日までに生まれた方)
定員:100人
500円2月1日(月曜日)
3月19日(金曜日)40歳以上
(昭和56年3月31日までに生まれた方)
定員:100人
500円2月1日(月曜日)

乳がん検診
(マンモグラフィ
X線撮影)
(注1)

5月17日(日曜日)

中止になりました
40歳以上の女性(注1)
(昭和56年3月31日までに生まれた方)
2年に一度の検診です
(平成31年4月から令和2年3月に受診していない方)
定員:100人

2,000円4月13日(月曜日)
5月18日(月曜日)

中止になりました
40歳以上の女性(注1)
(昭和56年3月31日までに生まれた方)
2年に一度の検診です
(平成31年4月から令和2年3月に受診していない方)
定員:100人

2,000円4月13日(月曜日)
6月24日(水曜日)

中止になりました
40歳以上の女性(注1)
(昭和56年3月31日までに生まれた方)
 
2年に一度の検診です
(平成31年4月から令和2年3月に受診していない方)
 
定員:100人

2,000円5月25日(月曜日)
6月25日(木曜日)

中止になりました
40歳以上の女性(注1)
(昭和56年3月31日までに生まれた方)
 
2年に一度の検診です
(平成31年4月から令和2年3月に受診していない方)
 
定員:100人

2,000円5月25日(月曜日)
7月16日(木曜日)40歳以上の女性(注1)
(昭和56年3月31日までに生まれた方)
 
2年に一度の検診です
(平成31年4月から令和2年3月に受診していない方)
 
定員:100人
2,000円6月16日(火曜日)
7月17日(金曜日)40歳以上の女性(注1)
(昭和56年3月31日までに生まれた方)
 
2年に一度の検診です
(平成31年4月から令和2年3月に受診していない方)
 
定員:100人
2,000円6月16日(火曜日)
7月18日(土曜日)40歳以上の女性(注1)
(昭和56年3月31日までに生まれた方)
 
2年に一度の検診です
(平成31年4月から令和2年3月に受診していない方)
 
定員:100人
2,000円6月16日(火曜日)
8月30日(日曜日)40歳以上の女性(注1)
(昭和56年3月31日までに生まれた方)
 
2年に一度の検診です
(平成31年4月から令和2年3月に受診していない方)
 
定員:100人
2,000円7月29日(水曜日)
8月31日(月曜日)40歳以上の女性(注1)
(昭和56年3月31日までに生まれた方)
 
2年に一度の検診です
(平成31年4月から令和2年3月に受診していない方)
 
定員:100人
2,000円7月29日(水曜日)
3月11日(木曜日)40歳以上の女性(注1)
(昭和56年3月31日までに生まれた方)
 
2年に一度の検診です
(平成31年4月から令和2年3月に受診していない方)
 
定員:100人
2,000円2月9日(火曜日)
3月12日(金曜日)40歳以上の女性(注1)
(昭和56年3月31日までに生まれた方)
 
2年に一度の検診です
(平成31年4月から令和2年3月に受診していない方)
 
定員:100人
2,000円2月9日(火曜日)
3月13日(土曜日)40歳以上の女性(注1)
(昭和56年3月31日までに生まれた方)
 
2年に一度の検診です
(平成31年4月から令和2年3月に受診していない方)
 
定員:100人
2,000円2月9日(火曜日)
前立腺がん検診
(PSA検査
血液検査)
5月22日(金曜日)

中止になりました
50歳以上の男性
(昭和46年3月31日までに生まれた方)
定員:100人

500円4月22日(水曜日)
7月6日(月曜日)50歳以上の男性
(昭和46年3月31日までに生まれた方)
定員:100人
500円6月8日(月曜日)
8月22日(土曜日)50歳以上の男性
(昭和46年3月31日までに生まれた方)
定員:100人
500円7月21日(火曜日)
3月9日(火曜日)50歳以上の男性
(昭和46年3月31日までに生まれた方)
定員:100人
500円2月8日(月曜日)
ヘルスチェック
(問診・診察・身体測定・血圧測定・尿検査・血液検査・骨の検査・胸部X線撮影)

未定
日程は決定次第、広報「富士見」、市ホームページをご確認ください。

18~39歳の方
(昭和56年4月1日から平成15年3月31日に生まれた方)
定員:100人
2,000円未定

(注1)30歳代の女性に個別乳がん検診の助成制度があります。詳細は下記リンクをご覧ください。
30歳代の方の乳がん検診補助について
(注記)生活保護受給者は受診料が免除されます。

注意事項

  • 同等の病気治療中、経過観察中または治療予定の方は受診できません。
  • 年度内に同等以上の検(健)診や検査を受けた方は対象になりません。
  • 症状のある場合は、医療機関での受診をおすすめいたします。
  • 乳がん・子宮頸がん・胃内視鏡検診は2年に1回、その他の検(健)診は年に1回の検(健)診です。ただし、肝炎ウイルス検診については、これまでに検診を受けたことのある方は受診できません。
    ⇒肝炎ウイルス検診の受診状況について不明なときは、健康増進センターまでお問い合わせください。
  • 重複受診や対象外での受診は、全額自己負担となりますのでご注意ください。
  • 結果が要精密検査となった場合は、必ず早めに精密検査を受けてください。

市で行うがん検診、ヘルスチェック、歯科健診を受診していただくと、富士見市版健康マイレージ事業に参加した方に対して、市独自の健康ライフポイントを付与しています。詳細はこちらから。

国の新たなステージに入ったがん検診の総合支援事業実施要綱に基づき、富士見市でも対象の方に無料で受診できるクーポン券を送付します。令和2年度の対象者は下表のとおりです。詳しい受診方法はクーポン券と一緒に同封します。この機会にぜひ受診しましょう。

令和2年度 無料クーポン券対象者年齢一覧表
検診名生年月日
子宮がん検診平成11(1999)年4月2日から平成12(2000)年4月1日に生まれた方
乳がん検診昭和54(1979)年4月2日から昭和55(1980)年4月1日に生まれた方

医療制度改革により、平成20年度から特定健康診査が始まりました。
特定健康診査の詳細については、各医療保険者(国民健康保険、健康保険組合、共済組合など)にお問い合わせください。
なお、健診の機会のない方は健康増進センターまでご相談ください。

歯は心身の健康を左右する大切なものです。最近は、痛みもなく静かに進行する歯周病(歯を支える組織の病気)が増えています。年に一度は歯のチェックを受けましょう。
対象者:20歳以上(平成13年3月31日までに生まれた方)
実施期間:7月から2月
申込方法:市内の実施歯科医療機関に直接お申し込みください。
実施場所:市内実施歯科医療機関(富士見市)
受診料:500円

妊産婦歯科健診

妊産婦の方は歯科健診を無料で受けることができます。(1回の妊娠で1回限り)妊娠中でも安定期に入れば必要な治療が受けられますので、早めに歯科健診を受けましょう。医療機関に予約をして、申込書を医療機関に提出してください。申込書は妊娠届または出生届の際にお渡しした袋の中にあります。お手元にない場合は、健康増進センターにご連絡ください。
対象者:妊娠中または産後1年未満の方(1回の妊娠につき1回限り)
実施期間:7月から2月
申込方法:市内の実施歯科医療機関に直接お申込みください。
実施場所:市内実施歯科医療機関(富士見市)
受診料:無料

胃がんリスク検診とは、血液検査によってピロリ菌とペプシノゲン値(萎縮性胃炎の診断)の2種類をチェックして、将来の胃がん発症リスクを調べる検診です。(胃がんの有無を確認する検診ではありません。)
ピロリ菌とペプシノゲン値のどちらか(または両方)が確認された場合には、内視鏡等による精密検査を行い胃がんの有無を確認する必要があります。
実施期間:7月から11月
実施場所:2市1町の実施医療機関一覧(富士見市・ふじみ野市・三芳町)
受診料:500円
申込方法:直接医療機関にお申し込みください。
令和2年度対象者:今年度41歳になる方(昭和54(1979)年4月2日から昭和55(1980)年4月1日に生まれた方)

対象とならない方:1.現在、上部消化器症状のある方 2.胃・十二指腸の病気で、治療中や経過観察中の方 3.腎不全・腎機能障害の方(血清クレアチニン値3mg/dl以上の方) 4.胃がんの既往歴のある方 5.胃・十二指腸の手術歴のある方 6.医療機関に入院中の方 7.既にピロリ菌の除菌をした方

30歳以上、40歳未満の女性の方で、医療機関で乳がん検診を受けた方に、補助金を交付しています。

乳がん検診補助金制度

対象者:昭和56(1981)年4月1日から平成3(1991)年3月31日生まれで、令和元年度に乳がん検診補助金制度を利用していない方。
検査方法:乳房X線検査(マンモグラフィ)、乳房超音波検査または両方
受診期間:令和2年4月1日から令和3年3月31日
自己負担額:2,000円
補助上限額:5,000円
申請方法:申請書、報告書、請求書にご記入の上、乳がん検診の結果、領収書を添えて、健康増進センターに申請(郵送可)
必要書類は健康増進センターにあります。くわしくは健康増進センターまでお問合せください。

平成30年7月以降、30~50代の男性を中心に風しん患者数が増加しました。感染の拡大と先天性風しん症候群(注1)を防ぐため、2019年(平成31年)4月から2022年(令和4年)3月までの3年間に限り、風しんの抗体検査及び予防接種を無料で実施します。

令和2年度対象者:下の表のとおりです
対象年齢など クーポン申し込み方法
昭和37年4月2日から昭和54年4月1日生まれの男性

令和2年4月上旬頃にクーポン券を送付しました。
クーポン券を紛失された場合は、お電話またはこちらの 申し込みフォームから健康増進センターにお申し込みください。クーポン券を再発行し、1週間前後で送付します。


実施方法:クーポン券を持参し、医療機関などで風しん抗体検査を受けてください。
(1)抗体価が高い方は終了です。
(2)抗体価が低い方は、クーポン券を使用して麻しん風しん混合予防接種が無料で受けられます。
費用:無料(抗体検査、予防接種)
実施機関:外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。全国の医療機関(厚生労働所ホームページ)(外部サイト)
実施機関以外で検査や予防接種を受けたい方は事前に健康増進センターへ連絡してください。
クーポン券を使用した抗体検査・予防接種は各1回限りです。2回目以降は 全額自己負担になります。

(注1)先天性風しん症候群とは
免疫のない女性が妊娠初期に風しんに感染した場合、生まれてきた赤ちゃんの目や耳、心臓に疾患が生じてしまう先天的な合併症のこと

お問い合わせ

健康増進センター 保健予防係

〒354-0021 埼玉県富士見市大字鶴馬3351-2

電話:049-252-3771

ファックス:049-255-3321

このページのお問い合わせ先にメールを送る


サブナビゲーションここから
サブナビゲーションここまで
ページの先頭へ
SP版ページの先頭へ