TOP > 市政・まちづくり > 市民参加・協働 > NPO > 特定非営利活動法人ふじみっこ・夢みらいが「かえっこバザール」を開催しました!

特定非営利活動法人ふじみっこ・夢みらいが「かえっこバザール」を開催しました!

最終更新日:平成29年3月3日
協働推進課 内線257

かえっこバザール会場


 平成29年2月26日(日曜日)に、特定非営利活動法人ふじみっこ・夢みらいがせきざわこどもまつりでかえっこバザールを開催しました。
 
 かえっこバザールとは、使わなくなったおもちゃなどを持ってきて、ほかの子が持ってきたおもちゃなどと交換をするものです。 

おもちゃを持ってきて並びます

1.おもちゃを持ってきて、受付をします。
たくさん持ってきている子もいますね!開始30分でこんなに並んでいました!

係の人がポイントをつけます

2.係の人がおもちゃを確認して、ポイントをつけます。

かえっこカード

3.かえっこカードにポイントをもらいます。

好きなものを選べます

4.持っているポイントとポイントに応じたおもちゃなどを交換できます。

 おもちゃがなくても、スタッフとしてポイントがついたおもちゃを運んだり、整頓したりするなど、働く時間に応じてかえっこポイントがもらえます。

スタッフ受付

スタッフになりたい子の受付をしています。

スタッフ

 今回のかえっこバザールを利用した方は、1日で180人、スタッフとして働いた方は28人でした。また、放課後児童クラブや児童館を利用する子60人ほどが実行委員として参加していました。


 かえっこは、子どもフェスティバルや児童館でも行っており、かえっこポイントはどの行事でも共通して使用することができます。交換のために預かったおもちゃは、ふじみっこ・夢みらいが管理する倉庫で大切に保管されています。


 

 参加されていた方に、お話を伺いました。   
 お母さんと一緒に来ていたしゅんすけくんとりょうじくん兄弟。かえっこバザールを何回も利用しているそうです。
 今日は、スタッフとして働いてポイントをもらい、おもちゃと交換してもらいました。

 お兄さんのしゅんすけくんに、「楽しかった?」「またやりたいですか?」と聞くと、うなずいて答えてくれました。

 しゅんすけくんの弟りょうじくんは、交換したおもちゃを元気いっぱいに見せてくれました。

 お母さんは、「子どもがやりがいを感じられる催しですね。自分で働いて、新しいおもちゃをもらえることがうれしいみたいです。フリーマーケットよりも手軽で、何度も利用しています。」とお話ししてくださいました。


 

しゅんすけくん

しゅんすけくん、嬉しそうです!

りょうじくん

りょうじくん、もらったおもちゃに興味津々です。

 子どもたちの目がキラキラ輝いているのが印象的でした。
 かえっこで、大切にしていたおもちゃが他の人の手に渡ってまた使ってもらえると知り、物を大切にすることを子どもたちは小さい頃から自然と学べます。

市内NPO法人のイベント情報、ボランティア募集情報は、こちらをご覧ください。

特定非営利活動法人ふじみっこ・夢みらいのページは、こちらをご覧ください。

▲このページの先頭へ


より良いホームページとするために、アンケートにご協力をお願いします。

▼ 質問:このページの情報は役に立ちましたか?
▼ 質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
▼ 質問:ホームページのリニューアルの必要性はありますか?
▼ 質問:その他このページについてご意見等をお聞かせください。
※いただいたご意見はホームページの構成に役立たせていただきます。
なお、ご意見等へのご回答は、致しませんのでご了承ください。

また、暗号化して通信されませんので、個人情報等のご記入はご遠慮ください。

協働推進課

お知らせ

▲このページの先頭へ

富士見市役所

〒354-8511埼玉県富士見市大字鶴馬1800番地の1
市役所へのアクセス   市庁舎フロア案内
電話番号 049-251-2711 ファックス049-254-2000

【市庁舎開庁時間】
月~金曜日 午前8時30分~午後5時15分
(祝日と年末年始〔12月29日~1月3日〕を除く)
本庁舎一部窓口:
木曜は午後7時まで土曜開庁日(月1回)
▼西出張所:毎月最終木曜は午後8時まで
QRコード

携帯サイト