TOP > 市政・まちづくり > 行政経営 > 富士見市行政経営戦略会議

富士見市行政経営戦略会議

政策企画課 内線 230 232 234

富士見市行政経営戦略会議とは

 富士見市行政経営戦略会議は、本市が推進する行政経営改革を効果的に行う方策について市長に提言するため、大学教授や企業経営者等、民間の有識者を委員として、平成17年度に組織したものです。(現在は、所期の目的を達成したことから、廃止されています。)

▲このページの先頭へ

第1期富士見市行政経営戦略会議

 第1期富士見市行政経営戦略会議(委員長:櫻澤仁 文京学院大学教授)は、平成17~18年度を任期として、5名の有識者により組織されました。平成17年度には第一次提言として、 1.ダウンサイジングとコスト削減、 2.事業推進方法の改革、 3.組織運営体制の改革、 4.実験主義的な政策投資の推進、の4項目に関する提言を、平成18年度には第二次提言として、行政機構改革と行政評価システムについての提言をいただきました。
 これらの提言を受け、すぐに対応できるものは直ちに行政運営に反映するとともに、その他の項目についても具体化に向け検討を進めています。

▲このページの先頭へ

第2期富士見市行政経営戦略会議

 第2期富士見市行政経営戦略会議(代表:廣瀬克哉 法政大学教授)は、平成19~20年度を任期として、4名の有識者により組織されました。平成19年度には、市民協働による地域経営ビジョン策定の必要性や、地域経営ビジョンを実現するための行政経営などについて検討し、中間とりまとめ報告書として取りまとめました。平成20年度には、総合計画、予算、行革、行政評価など行政経営を実現するためのツールの効果的な連動についての検討を行い、2年間の成果を最終提言として取りまとめました。いただいた提言は、平成21年度から着手する第5次基本構想の策定に活かしていきます。
 また、平成19年度から本市において取り組んでいる課業分担表を基にした業務仕分けについて、市職員以外の民間の立場から第三者評価を行い、評価結果を取りまとめました。市では、いただいた評価結果を踏まえ、今後の方向性を検討・決定しました。

▲このページの先頭へ

第3期富士見市行政経営戦略会議

 第3期富士見市行政経営戦略会議は、主に市の今後の中長期的な重点課題とその具体的な戦略などについて議論するため、平成21~22年度を任期として組織されました。


Adobe AcrobatReaderのダウンロード PDFファイルをご覧になるには、Adobe AcrobatReaderが必要です。
アドビシステムズ社サイト(このリンクは別ウィンドウで開きます)より無償でダウンロードできます。

より良いホームページとするために、アンケートにご協力をお願いします。

▼ 質問:このページの情報は役に立ちましたか?
▼ 質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
▼ 質問:ホームページのリニューアルの必要性はありますか?
▼ 質問:その他このページについてご意見等をお聞かせください。
※いただいたご意見はホームページの構成に役立たせていただきます。
なお、ご意見等へのご回答は、致しませんのでご了承ください。

また、暗号化して通信されませんので、個人情報等のご記入はご遠慮ください。

政策企画課

お知らせ

▲このページの先頭へ

富士見市役所

〒354-8511埼玉県富士見市大字鶴馬1800番地の1
市役所へのアクセス   市庁舎フロア案内
電話番号 049-251-2711 ファックス049-254-2000

【市庁舎開庁時間】
月~金曜日 午前8時30分~午後5時15分
(祝日と年末年始〔12月29日~1月3日〕を除く)
本庁舎一部窓口:
木曜は午後7時まで土曜開庁日(月1回)
▼西出張所:毎月最終木曜は午後8時まで
QRコード

携帯サイト