TOP > 市政・まちづくり > 施策・計画 > 平成26年度 まちづくり推進部の取組内容

平成26年度 まちづくり推進部の取組内容

重点的に取り組んだ施策

重点施策 取組状況
1 農業基盤の整備と担い手支援 1 農地中間管理機構と業務委託契約を交わし、担い手である認定農業者をはじめ、集落の農業後継者や、新規就農者に対して、制度の活用推進や農業経営情報等を相談できる体制整備を行いました。
2 優良農地の確保のため、利用頻度が多い農道の整備を行いました。
2 地産地消の推進 1 「富士見市地産地消推進計画」に基づく取組みについて、「地産地消推進会議」を主体に推進の充実を図りました。
2 農産物の販売と加工(価値が付加されると同時に、通年販売を可能にする)について、地産地消推進会議の委員を対象にした先進地視察を行いました。
3 消費拡大オリジナルシール、地産地消のぼり旗、市ホームページ、市広報に地元農産物を紹介する「いちおし富士見」を引き続き連載し、需要の拡大を図りました。
4 「ららぽーと富士見」開業に伴う集客力を地産地消推進の機会と捉え、地元農産物供給体制整備についての検討を行いました。
3 「農・商・工」連携の推進 1 市内産業(農業、商業、工業)相互の垣根を越えた連携を進め、「ふじみ市元気づくりプロジェクト」の作成や「ふじみマーケット」の開催に対する支援を行いました。
4 地域経済の活性化  1 商店街の行うイベントや街路灯のLED化等への補助を行い、商店街が活性化することによる賑わいの創出を図りました。
2 一店逸品運動に加え、「ふじみマーケット」や「賑わいづくり実行委員会事業」など、既存の商店街の垣根を超えた取組みに対する支援を進め、消費者に親しまれる商店づくりを推進しました。
3 地元農業者の協力のもと、「ららぽーと富士見」周辺での農業体験機会提供のための環境整備や、商工会・商店会連合会との連携による消費拡大のための方策について調整を図りました。
4 住宅改修費の助成(「住(す)」み続け「宅(たく)」なる住宅改修助成事業)を行い、居住環境の向上と地域経済の活性化に取り組みました。
5 就労機会に関する情報提供の充実と相談体制の整備 1 国と連携して設置した「富士見市ふるさとハローワーク」において、就労機会に関する情報提供の充実と、相談体制の整備を進めました。
2 国や県、近隣自治体等と連携し、就労支援を目的としたセミナー等を開催しました。
6 富士見市産業振興条例の制定 1 地方分権下における地域の特性を活かした産業振興を図り、地域経済の発展と市民生活の向上を図るために、市の産業振興に関する基本的方針(考え方)を定める「富士見市産業振興条例」を制定しました。
7 富士見市第2次商業活性化ビジョンの策定 1 市内商業をめぐる現状分析、課題の抽出を行うとともに、市民(消費者)ニーズ、地域特性等を踏まえた商業活性化に向けた基本的方針と具体的施策をまとめた「富士見市第2次商業活性化ビジョン」を策定しました。
8 プレミアム付き市内共通商品券事業の実施 1 市内消費の拡大、市内小売業者等の認知度向上及び地域経済を活性化させ、元気な富士見を創造するためにプレミアム付き市内共通商品券事業を実施しました。
9 新市街地の整備 1 市街化区域に再編入された水子地区内の水子貝塚東土地区画整理事業が終了しました。また、同地区内で、谷ッ合土地区画整理事業の工事が完了しました。
2 「ららぽーと富士見」開業に伴う、住環境及び交通環境の変化への対応策について、庁内関係部局、関係機関及び事業者等との協議を行うとともに、交通対策に関する説明会を行いました。
3 リブレーヌ都市整備事業における土地利用ついては、交通利便性や広大な敷地という恵まれた立地条件を活かし、国・県の取組みに沿って、産業系を中心に市街化調整区域に立地可能な土地利用の検討をしました。
10 都市計画道路の整備 1 みずほ台駅東通線は、整備方針についての地元説明会を行いました。水子鶴馬通線、富士見橋通線は、今後の整備方針等を検討しました。
11 鶴瀬駅西口土地区画整理事業の推進 1 事業の早期完了に向け、建物移転・道路築造等、事業推進に向けた取組みを行いました。
 【使用収益開始率】
 ・平成25年度末(88.8パーセント)
 ・平成26年度末(91.0パーセント)
2 駅前広場の再整備を行い、バリアフリー化による利用しやすい広場として整備しました。
12 鶴瀬駅東口土地区画整理事業の推進 1 事業の早期完了に向け、建物移転・道路築造等、事業推進に向けた取組みを行いました。
 【使用収益開始率】
 ・平成25年度末(43.5パーセント)
 ・平成26年度末(46.4パーセント)
13 公園の整備 1 「上沢公園」の整備を行い、供用を開始しました。
2 「南むさしの公園」の整備に向け、地域住民の意見を反映させた基本設計をもとに実施設計を行いました。
3 「(仮称)鶴瀬駅西口第2公園」の整備に向け、地域住民の意見を反映させた基本設計を行いました。
14 緑化の推進 1 地域に残された貴重な山林である、諏訪地区の「諏訪の森」を市民緑地制度を活用した市民緑地にするとともに、関沢地区の「緑の散歩道 八ヶ上東・西」の公有地化(都市公園)を図りました。また、緑化を通じた市民生活の維持・向上の観点から、樹木が集団となっている土地の面積が500平方メートル以上の山林については、「保存樹林」として指定しました。

▲このページの先頭へ

お問い合わせ

電話:049-251-2711(市役所代表)

総合政策部 政策企画課(内線234)メールフォームへ


より良いホームページとするために、アンケートにご協力をお願いします。

▼ 質問:このページの情報は役に立ちましたか?
▼ 質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
▼ 質問:ホームページのリニューアルの必要性はありますか?
▼ 質問:その他このページについてご意見等をお聞かせください。
※いただいたご意見はホームページの構成に役立たせていただきます。
なお、ご意見等へのご回答は、致しませんのでご了承ください。

また、暗号化して通信されませんので、個人情報等のご記入はご遠慮ください。

政策企画課

お知らせ

▲このページの先頭へ

富士見市役所

〒354-8511埼玉県富士見市大字鶴馬1800番地の1
市役所へのアクセス   市庁舎フロア案内
電話番号 049-251-2711 ファックス049-254-2000

【市庁舎開庁時間】
月~金曜日 午前8時30分~午後5時15分
(祝日と年末年始〔12月29日~1月3日〕を除く)
本庁舎一部窓口:
木曜は午後7時まで土曜開庁日(月1回)
▼西出張所:毎月最終木曜は午後8時まで
QRコード

携帯サイト