TOP > 市政・まちづくり > 施策・計画 > 富士見市公共施設等総合管理方針を策定しました

富士見市公共施設等総合管理方針を策定しました

最終更新日:平成29年1月5日
管財課 内線513

富士見市公共施設等総合管理方針を策定しました。これは、下記「公共施設等マネジメント」の第2ステップに相当するものです。

公共施設等マネジメントとは

 本市の公共施設等は、高度経済成長期の人口急増に伴って、昭和40から50年代にかけて急速に整備されました。近年になり新しい施設の整備は減ったものの、これまでに建設された公共施設等は改修・修繕、更新していく必要があります。
 さらに今後は、建て替えが必要になる施設も増えてくることが予想されます。一方、本市の財政状況については、生産年齢人口の減少等により税収の増加を見込むことは難しく、逆に少子高齢社会の進展等に伴って扶助費(社会保障にかかる経費)等が大きく増えると見込まれ、思い通りの維持費用は確保することが難しくなることは明らかです。

 「公共施設等マネジメント」は、こうした財政的制約や社会経済状況の変化に的確に対応するため、公共施設等の維持管理について、行政経営の視点から総合的かつ統括的に企画、管理及び運営する仕組みのことです。
 なお、用語の定義として、公共施設とは、庁舎や公民館、学校などの建築物(いわゆる「ハコモノ」)を意味する用語として、公共施設等とは、公共施設に加え、道路・橋、上下水道、公園などのインフラを含む施設全般を対象とする用語として用いています。

本市では、公共施設等マネジメントを概ね次の4つのステップに分けて推進します。

第1 現状の見える化

 公共施設等マネジメントを進めるには、施設の現状を把握することが大前提です。それぞれの施設の現状について、老朽化度合や利用状況など客観的な数値を使って現状が誰にでも「みえる」ようにします。
 公共施設等ごとに作成していき、完成したものから順次公表していきます。

第2 富士見市公共施設等総合管理方針

 富士見市公共施設等総合管理方針は、公共施設等マネジメントの方針を示したものです。

第3 個別施設の行動計画策定

 富士見市公共施設等総合管理方針を策定した後、個別の施設について、詳細な行動計画を作ります。

第4 計画の実践、評価・改善

 個別施設の行動計画に基づいて、改修、修繕、更新等を実施します。その後、実施されたものについて、評価、改善していきます。

お問い合わせ

総合政策部  管財課  財産管理グループ

所在地:〒354-8511富士見市大字鶴馬1800番地の1
電話:049-251-2711(内線513)

より良いホームページとするために、アンケートにご協力をお願いします。

▼ 質問:このページの情報は役に立ちましたか?
▼ 質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
▼ 質問:ホームページのリニューアルの必要性はありますか?
▼ 質問:その他このページについてご意見等をお聞かせください。
※いただいたご意見はホームページの構成に役立たせていただきます。
なお、ご意見等へのご回答は、致しませんのでご了承ください。

また、暗号化して通信されませんので、個人情報等のご記入はご遠慮ください。

管財課

お知らせ

▲このページの先頭へ

富士見市役所

〒354-8511埼玉県富士見市大字鶴馬1800番地の1
市役所へのアクセス   市庁舎フロア案内
電話番号 049-251-2711 ファックス049-254-2000

【市庁舎開庁時間】
月~金曜日 午前8時30分~午後5時15分
(祝日と年末年始〔12月29日~1月3日〕を除く)
本庁舎一部窓口:
木曜は午後7時まで土曜開庁日(月1回)
▼西出張所:毎月最終木曜は午後8時まで
QRコード

携帯サイト