TOP > 市政・まちづくり > 施策・計画 > 平成29年度 教育委員会(総務担当)の運営方針

平成29年度 教育委員会(総務担当)の運営方針

教育部長(総務担当)

教育部長(総務担当)

木村 久志(きむら ひさし)

教育委員会(総務担当)の組織体制

 教育政策課 / 生涯学習課

 鶴瀬公民館 / 南畑公民館 / 水谷公民館 / 水谷東公民館

 水子貝塚資料館 / 難波田城資料館 

基本方針と使命

 「富士見市教育振興基本計画」の基本理念「学びあい 人がつながり 一人ひとりが輝く富士見の教育」の達成に向けて各施策に取り組んでいきます。
 平成29年度は、改正された「地方教育行政の組織及び運営に関する法律」の全面適用の年となりますが、新制度においても、教育委員会は教育長及び教育委員による合議体であり、教育の継続性、安定性、政治的中立性が引き続き求められています。
 「総務担当」は、このような状況を踏まえ、教育委員会定例会議などを運営し、充実を図っていくとともに、教育振興基本計画の進行管理と事務事業の点検・評価を行い、学校施設・設備の維持管理、社会教育及び生涯スポーツの推進、有形・無形文化財の保存と活用、図書館・市民総合体育館・富士見ガーデンビーチの指定管理者による運営、各公民館・資料館の活動をもとに教育環境の充実に努めてまいります。

現状と課題

1 現状
1 各種事務事業について、より効果的、効率的に執行するため、外部評価の意見や教育委員協議会を踏まえ、点検・評価を実施し、結果を公表しています。
2 全国的に少子高齢化が進む中、本市の児童・生徒数は、当面横ばいという予測をもとに、校舎等の大規模改修など、学校教育環境の継続的・計画的な整備を進めています。
3 小学4年生から6年生を対象に、知的好奇心を育み、学ぶ力を伸ばしていくことを目的とした子ども大学☆ふじみ、子どもスポーツ大学☆ふじみを開催しています。
4 子どもたちの発表の機会と交流の場となっている「子どもフェスティバル」を実行委員会形式で開催するとともに、富士見市を設問形式で学ぶ「郷土富士見検定」をNPO法人富士見市民大学と連携して行っています。
5 公民館や体育館では、公共施設予約システムを導入し、利用者の利便性を図っています。
6 図書館利用者のニーズに応じた図書の選定やテーマ別コーナーの設置など、利用者数の増加を図るとともに、図書館まつりを開催しています。
7 公民館では、文化祭や公民館まつりなどを市民と協働で開催し、地域文化の振興に努めています。
8 生涯学習活動情報をまとめた市民向けの「生涯学習ガイドブック」を発行しています。
9 市長が招集する総合教育会議などにより、市長部局との連携を図っています。
2 課題
1 「第2次富士見市教育振興基本計画」を策定すること。
2 学校教育環境を継続的・計画的に整備すること。
3 家庭教育支援策の充実を図ること。
4 公民館施設を計画的に維持管理すること。
5 公共施設予約システムによる更なる利便性の向上を図ること。
6 中央図書館施設・設備を改修すること。
7 「富士見市スポーツ推進計画」を推進すること。

重点的に取り組む施策

重点施策 取組内容
1 教育振興基本計画の推進 1 事務事業の点検・評価のほか、「第2次富士見市教育振興基本計画」の策定に取り組みます。
2 学校施設・設備の維持管理 1 関沢小学校の大規模改造第1期工事、本郷中学校の大規模改造第1期工事、水谷中学校のトイレ改修第1期工事、みずほ台小学校体育館改修工事、水谷東小学校及び東中学校のエレベーター更新工事を実施します。
2 関沢小学校及び針ケ谷小学校の教育用コンピューター機器の更新に伴いタブレット型コンピューターを導入します。
3 家庭・地域の教育力の向上 1 家庭教育支援会議を全庁的な組織へと拡充します。
2 児童・生徒の家庭での学習習慣の確立と学力の向上を図ることを目的とした家庭学習応援事業を開始します。
3 水谷東公民館の子育て応援の勉強室など、各公民館で親の学習講座を更に充実した内容で継続的に開催します。
4 生涯にわたる学習機会の提供と学びのネットワークの推進 1 小学4年生から6年生を対象に、子ども大学☆ふじみを開催します。
2 子どもたちの発表の機会と交流の場となっている「子どもフェスティバル」を市民実行委員会と協働で開催します。
3 ピースフェスティバルは、非核平和都市宣言30年を迎えることから、市民実行委員会とともに、更に工夫した内容で行います。
4 公民館は、施設予約システムを活用しながら、市民の要望を踏まえた利用区分の見直しを検討します。
5 学びあう地域社会を創る活動の推進 1 各公民館は、地域内のまちづくり協議会の支援をします。
2 水谷東公民館で給排水管更新工事などを実施します。
3 各公民館で椅子などの備品を更新します。
6 暮らしとまちづくりに役立つ読書活動の推進 1 中央図書館の改修工事を実施します。
2 第3次富士見市子ども読書活動推進計画の策定に取り組みます。
7 郷土遺産の継承と文化芸術の振興 1 水子貝塚公園の復元住居は、5棟目を改修します。
2 難波田城資料館では、貴重な歴史的資料の保存のため、写真資料のデジタル化を引き続き進めます。
3 平成28年度に初めて開催した社会科展については、資料館で引き続き実施します。
8 誰でも親しめる生涯スポーツの推進 1 空調設備やスポーツジム・スタジオなど新たな機能を持つ市民総合体育館は、市民のスポーツ活動の拠点施設として、年齢や障がいの有無に関わらず、幅広く市民に利用されるよう努めます。
2 平成29年度から開始される「富士見市スポーツ推進計画」を踏まえ、体育協会、スポーツ推進委員、スポーツ関係団体、市長部局の関係課と更に連携して、具体的な施策の展開に向けた取組みについて検討します。
3 子どもスポーツ大学☆ふじみは、新しい種目を取り入れるなど、内容の充実に努めます。
9 組織の総合力を生かした教育の推進 1 教育委員長と教育長を一本化した新教育長による新たな教育委員会制度のもと、教育委員会会議では、一層充実した審議が行われるように、事前学習の機会となる教育委員協議会において、教育委員の意見交換、教育機関などへの積極的な訪問などを行い、教育課題の把握、研究や協議に努めます。
2 市長が招集する総合教育会議などにより、市長部局と更なる連携を図ります。
3 開かれた教育委員会の運営に向けて、教育委員会会議及び教育委員協議会の開催状況を積極的に情報発信し、ホームページやフェイスブックなどで教育行政に関する情報を幅広く市民に提供します。

過去の取組内容

▲このページの先頭へ

お問い合わせ

電話:049-251-2711(市役所代表)

総合政策部 政策企画課(内線238)メールフォームへ


より良いホームページとするために、アンケートにご協力をお願いします。

▼ 質問:このページの情報は役に立ちましたか?
▼ 質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
▼ 質問:ホームページのリニューアルの必要性はありますか?
▼ 質問:その他このページについてご意見等をお聞かせください。
※いただいたご意見はホームページの構成に役立たせていただきます。
なお、ご意見等へのご回答は、致しませんのでご了承ください。

また、暗号化して通信されませんので、個人情報等のご記入はご遠慮ください。

政策企画課

お知らせ

▲このページの先頭へ

富士見市役所

〒354-8511埼玉県富士見市大字鶴馬1800番地の1
市役所へのアクセス   市庁舎フロア案内
電話番号 049-251-2711 ファックス049-254-2000

【市庁舎開庁時間】
月~金曜日 午前8時30分~午後5時15分
(祝日と年末年始〔12月29日~1月3日〕を除く)
本庁舎一部窓口:
木曜は午後7時まで土曜開庁日(月1回)
▼西出張所:毎月最終木曜は午後8時まで
QRコード

携帯サイト