TOP > 市政・まちづくり > 施策・計画 > 平成29年度 建設部の運営方針

平成29年度 建設部の運営方針

建設部長

建設部長

柴崎 照隆(しばさき てるたか)

建設部の組織体制

 道路治水課 / 交通・管理課 / 建築指導課 / 下水道課 / 水道課

基本方針と使命

 建設部で行うインフラ整備は市民生活に直結しており、その使命は大変重責です。このことを念頭に、安全・安心、快適なまちづくりを基本方針として、職員一人ひとりが市民ニーズを的確に把握し、柔軟で迅速な対応を心がけ、計画的かつ着実に業務を進めます。
 継続して行っている幹線道路や生活道路の整備、上下水道の整備などの基盤整備を進めるとともに、道路修繕や道路橋の点検・改修、通学路の区画線整備など、道路の安全性を高めるための事業についても計画的に取り組みます。
 市内公共交通の充実のため、市民のニーズや市内公共交通の現状及び課題の把握に努め、交通利便性の確保及び向上に取り組みます。

現状と課題

1 現状
1 平成27年に実施した市民意識調査における調査対象全34施策のうち、道路整備に対する不満度が最も高い結果となっており、安全で快適な道路整備が求められています。
2 集中豪雨などによる都市型水害対策のため、計画的に浸水対策工事を進めています。
3 平成27年7月に市民や学識経験者などで構成された地域公共交通会議を設置し、市内公共交通の現状や課題、市内循環バスを含めた市内公共交通の見直しなどの検討を進めています。
4 市内の交通環境の変化に対応するため、デマンド交通実証運行を実施し、市民の移動実態やニーズの把握に取り組んでいます。
5 木造住宅の耐震診断・耐震改修工事について助成を行い、住宅の安全性向上を促進しています。
6 公共下水道の普及率(総人口に対して下水道を利用できる区域の人口の割合)は、平成28年度末現在で98.2パーセントになります。更なる普及促進に向けて、計画的に進めていきます。
7 安全・安心な水を安定的に供給するため、良質な水を確保するとともに、老朽化した水道施設の更新や耐震化を進めています。
2 課題
1 市内における交通環境などの変化に対応した事業を進めること。
2 老朽化した道路ストック(橋梁、道路附属物など)について、定期的な点検、計画的な改修及び適正な維持管理を図ること。
3 集中豪雨などによる都市型水害の対策を図ること。
4 東武東上線西側地域や狭隘な道路などにより、公共交通の利用が不便な地域に対する公共交通を構築すること。
5 改定富士見市建築物耐震改修促進計画に基づいた木造住宅の耐震化を進めること。
6 公共下水道の水洗化率(下水道を利用できる区域の人口に対して水洗化している人口の割合)を向上させること。
7 私道への公共下水道整備を進めること。
8 上水道の基幹管路の耐震化や老朽化した水道施設の更新を図ること。

重点的に取り組む施策

重点施策 取組内容
1 幹線道路の整備 1 幹線道路である市道第5210号線(鶴瀬駅西口土地区画整理境の西側道路)の第4工区の整備、市道第5101号線(勝瀬原土地区画整理境から勝瀬交差点)の整備に向け用地取得などを行います。
2 火葬場・斎場周辺整備として市道第5111号線(下南畑島田自動車から吉住用水路)の残工事を実施するとともに、引き続き用地取得を行います。
2 生活道路の整備 1 市民の生活環境向上のため、市道第1391号線(東大久保地内・県道川越新座線から老人福祉センター)の第2工区、ほか5路線の測量及び整備などを行います。
3 道路修繕と橋梁修繕 1 国の交付金を活用し、市道第5102号線(伊佐島橋から東に向かう道路)ほか3路線の舗装修繕を行います。
2 道路橋長寿命化修繕計画に基づき、引き続き道路橋の耐震補強等工事を行います。
4 浸水対策 1 都市型水害が発生している箇所について、浸水被害の軽減を図るための調査と対策工事を行います。
2 水路や道路側溝など、雨水排水施設の清掃や修繕を行います。
5 道路附属物の維持管理 1 道路附属物(道路標識、道路照明灯、道路反射鏡)の適正な維持修繕を行います。
6 交通安全施設の整備推進 1 市内小学校の通学路について、グリーンベルトなどの区画線などを整備します。
7 防犯灯のLED化推進 1 器具の不良に加え、球切れの防犯灯についてもLED灯具への更新を進めます。
8 市内公共交通対策事業 1 本市にふさわしい公共交通網の構築と充実を目指し、主に2つの点に取り組みます。
 (1)デマンド交通実証運行を実施します。
 (2)地域公共交通会議の計画的かつ円滑な運営に取り組みます。
  ・デマンド交通実証運行による利用実態のデータ分析・検証
  ・市内循環バスを含めた市内公共交通の見直しの検討
9 耐震診断・耐震改修事業の推進 1 木造住宅の無料簡易診断事業を行います。
2 耐震診断に対する補助を行います。
3 耐震改修に対する補助を行います。
10 公共下水道(汚水)の整備 1 水子地区などの管渠(延長:672m)を整備します。
2 私道の管渠(延長:100m)を整備します。
11 特定環境保全公共下水道の整備 1 市街化調整区域(南畑地域)の管渠(延長:2,542m)を整備します。
12 公共下水道(雨水)の整備 1 別所雨水ポンプ場を再構築(耐震補強・設備更新)します。(継続事業)
2 新河岸川第五排水区の別所雨水幹線管渠(延長:100m)を整備します。 
3 鶴瀬駅西口土地区画整理地内の管渠(延長:30m)を整備します。
13 水道事業 1 送水管布設工事(口径:500mm~600mm、延長:470m)を行います。
2 配水管布設工事(口径:100mm、延長:700m)を行います。
3 東大久保浄水場の電気設備更新工事(2か年継続事業)を完了します。

過去の取組内容

▲このページの先頭へ

お問い合わせ

電話:049-251-2711(市役所代表)

総合政策部 政策企画課(内線238)メールフォームへ


より良いホームページとするために、アンケートにご協力をお願いします。

▼ 質問:このページの情報は役に立ちましたか?
▼ 質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
▼ 質問:ホームページのリニューアルの必要性はありますか?
▼ 質問:その他このページについてご意見等をお聞かせください。
※いただいたご意見はホームページの構成に役立たせていただきます。
なお、ご意見等へのご回答は、致しませんのでご了承ください。

また、暗号化して通信されませんので、個人情報等のご記入はご遠慮ください。

政策企画課

お知らせ

▲このページの先頭へ

富士見市役所

〒354-8511埼玉県富士見市大字鶴馬1800番地の1
市役所へのアクセス   市庁舎フロア案内
電話番号 049-251-2711 ファックス049-254-2000

【市庁舎開庁時間】
月~金曜日 午前8時30分~午後5時15分
(祝日と年末年始〔12月29日~1月3日〕を除く)
本庁舎一部窓口:
木曜は午後7時まで土曜開庁日(月1回)
▼西出張所:毎月最終木曜は午後8時まで
QRコード

携帯サイト