TOP > 市政・まちづくり > 施策・計画 > 平成30年度 建設部の重点施策

平成30年度 建設部の重点施策

建設部長

建設部長

柴崎 照隆(しばさき てるたか)

建設部の組織体制

 道路治水課 / 交通・管理課 / 建築指導課 / 下水道課 / 水道課

現状と課題

 インフラ整備は市民生活に直結しており、その使命は大変重要です。このことを念頭に、安全・安心、快適なまちづくりを基本方針として、職員一人一人が市民ニーズを的確に把握し、柔軟で迅速な対応を心がけ、計画的かつ着実に業務を推進します。  
 継続して行っている道路や上下水道の整備、更新などの基盤整備を進めるとともに、道路橋の点検・改修、通学路の区画線整備など、道路の安全性を高めるための事業や都市型水害対策にも計画的に取り組みます。  
 また、市内公共交通網の見直しを検討するため、デマンド交通実証運行で得た市民の移動実態のデータ分析及びアンケートの集計・分析を進めます。
 更に、改定富士見市建築物耐震改修促進計画に基づいた木造住宅の耐震化のため、木造住宅の耐震診断・耐震改修工事に対して助成し、住宅の安全性向上を促進するとともに、空家等の実態調査によりデータベースを整備するなど、総合的な空家等対策に取り組みます。

重点施策と取組内容

重点施策 取組内容
1 浸水対策 1 集中豪雨などによる浸水被害の軽減を図るため、砂川掘・図川・南畑大排水路等における対策工事並びに唐沢掘周辺地域において、雨水流出抑制対策の設計を進めます。
2 各戸における雨水流出抑制対策を検討します。
2 市内公共交通及び交通安全啓発事業 1 新たな交通システムの導入や市内循環バス路線の見直しなど、より良い公共交通システムの構築に向け取り組みます。
2 自転車乗車時のヘルメットの着用を促進するため、ヘルメット購入費用の一部を補助します。
3 空家等対策事業(空家等対策計画の策定) 1 市民の生活環境の保全を図るため、空家等の適正管理対策を推進します。
2 空家等実態調査結果を踏まえた空家等の利活用を推進します。
3 空家等の課題解決に向けた総合的な相談体制を整備します。
4 荒川右岸流域関連富士見公共下水道事業 1 下水道普及率向上のため、管渠を新設整備します。
2 施設の長寿命化のため、別所雨水ポンプ場を再構築します。
3 集中豪雨などによる浸水被害の軽減を図るため、別所雨水幹線を新設整備します。
5 水道事業 1 水道水の安全で安定的な供給のため、送水管及び浄水場内配水ポンプを更新します。
2 災害に強い強靭な水道事業のため、耐震化されていない配水管を更新します。

過去の取組内容

▲このページの先頭へ

お問い合わせ

電話:049-251-2711(市役所代表)

総合政策部 政策企画課(内線238)メールフォームへ


より良いホームページとするために、アンケートにご協力をお願いします。

▼ 質問:このページの情報は役に立ちましたか?
▼ 質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
▼ 質問:ホームページのリニューアルの必要性はありますか?
▼ 質問:その他このページについてご意見等をお聞かせください。
※いただいたご意見はホームページの構成に役立たせていただきます。
なお、ご意見等へのご回答は、致しませんのでご了承ください。

また、暗号化して通信されませんので、個人情報等のご記入はご遠慮ください。

政策企画課

お知らせ

▲このページの先頭へ

富士見市役所

〒354-8511埼玉県富士見市大字鶴馬1800番地の1
市役所へのアクセス   市庁舎フロア案内
電話番号 049-251-2711 ファックス049-254-2000

【市庁舎開庁時間】
月~金曜日 午前8時30分~午後5時15分
(祝日と年末年始〔12月29日~1月3日〕を除く)
本庁舎一部窓口:
木曜は午後7時まで土曜開庁日(月1回)
▼西出張所:毎月最終木曜は午後8時まで
QRコード

携帯サイト