TOP > 市政・まちづくり > 施策・計画 > 平成30年度 子ども未来部の重点施策

平成30年度 子ども未来部の重点施策

子ども未来部長

子ども未来部長事務代理

新山 司(にいやま つかさ)

子ども未来部の組織体制

 子育て支援課 / 保育課 / 子ども未来応援センター / みずほ学園

現状と課題

 全国的な傾向として、少子高齢化の進展や保育需要増加への対応が課題となっています。
 富士見市では、子どもを安心して産み育て、全ての子どもが健やかに成長できる環境を整えるため、保育所や放課後児童クラブ等の施設整備を推進するとともに、昨年10月、妊娠期から子育て期に至るまで、切れ目のないサポート体制を構築することを目的に子ども未来応援センターを開設しました。
 今後は、人口減少社会における就学前児童数の推移や共働き世帯の増加に伴う保育施設の需要などを注視しながら、子育て支援施策の推進を図る必要があります。また、子どもの貧困対策についても、平成29年3月に策定した「富士見市子どもの貧困対策整備計画」の着実な推進を図ります。

重点施策と取組内容

重点施策 取組内容
1 子育て家庭への経済的支援 1 子育て家庭を経済的に支援するため、手当・医療への支援を引き続き実施します。
2 ひとり親家庭の子育て支援施策として、病児・病後児保育やファミリー・サポート・センター等の利用に係る料金の一部を助成します。
2 保育所等待機児童対策 1 待機児童解消を目指し、平成31年4月開設に向け民間保育園(1園・定員90名)を整備します。
2 平成31年4月開設を目指し、小規模保育施設(2施設・定員各19名)の整備に向けた調整を進めます。
3 保育士の確保及び処遇改善のため、民間保育所に対し、保育士宿舎借上げ補助や保育補助者雇上補助などを継続的に実施します。
3 子ども未来応援センター(子育て世代包括支援センター)運営事業の推進 1 子ども未来応援ネットワーク会議の設置や子ども未来応援基金を創設し、市全体での子育て支援に取り組みます。
2 ひとり親世帯の貧困率が高いことから、子どものための養育費相談を開始し、養育費について取り決める際に支援を実施します。
3 妊娠届を保健師が受理することで、不安を抱える妊婦一人一人に寄り添った支援体制を継続します。
4 療育センター機能の充実 1 障害児等療育支援事業を引き続き実施し、指導・相談事業の充実を図ります。
2 地域の中核的な療育支援を実施するため、関係機関と連携し、障害児相談支援事業の充実を図ります。

過去の取組内容

▲このページの先頭へ

お問い合わせ

電話:049-251-2711(市役所代表)

総合政策部 政策企画課(内線238)メールフォームへ


より良いホームページとするために、アンケートにご協力をお願いします。

▼ 質問:このページの情報は役に立ちましたか?
▼ 質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
▼ 質問:ホームページのリニューアルの必要性はありますか?
▼ 質問:その他このページについてご意見等をお聞かせください。
※いただいたご意見はホームページの構成に役立たせていただきます。
なお、ご意見等へのご回答は、致しませんのでご了承ください。

また、暗号化して通信されませんので、個人情報等のご記入はご遠慮ください。

政策企画課

お知らせ

▲このページの先頭へ

富士見市役所

〒354-8511埼玉県富士見市大字鶴馬1800番地の1
市役所へのアクセス   市庁舎フロア案内
電話番号 049-251-2711 ファックス049-254-2000

【市庁舎開庁時間】
月~金曜日 午前8時30分~午後5時15分
(祝日と年末年始〔12月29日~1月3日〕を除く)
本庁舎一部窓口:
木曜は午後7時まで土曜開庁日(月1回)
▼西出張所:毎月最終木曜は午後8時まで
QRコード

携帯サイト