TOP > 市政・まちづくり > 施策・計画 > 平成30年度 自治振興部の重点施策

平成30年度 自治振興部の重点施策

自治振興部長

自治振興部長

市川 信男(いちかわ のぶお)

自治振興部の組織体制

 協働推進課 / 地域文化振興課 / 安心安全課 / 環境課

 ふじみ野交流センター /  ピアザ☆ふじみ / 鶴瀬西交流センター / みずほ台コミュニティセンター

現状と課題

 町会をはじめとした地域団体と連携した地域づくりの取り組みと、市立集会所の計画的な改修を実施しています。市民が身近な地域で文化芸術にふれるため、市民協働の鑑賞機会の充実や「富士見市民文化会館キラリ☆ふじみ」の活用を図るとともに、地域資源を活かした本市の魅力を発信しています。また、富士見市地域防災計画・富士見市安全安心なまちづくり防犯推進計画を基に、安全安心な暮らしを支える施策を展開しています。地域の豊かな環境を保全するため、地球温暖化防止対策及びごみの減量化・資源化を図っています。交流センター等では、全ての市民の生涯学習や交流の場を提供しています。
 これらの市民生活の基盤を支える多様な施策を維持発展させることに加え、社会経済状況の変化から、地域コミュニティの維持が困難になりつつある現状を踏まえ、既存の地域団体の活性化や新たなコミュニティ組織の醸成が求められています。

重点施策と取組内容

重点施策 取組内容
1 市民参加・協働のまちづくりの推進 1 地域コミュニティの醸成を図るため、町会活動への更なる支援を進めます。
2 市民参加・協働のまちづくりを推進するため、富士見市協働事業提案制度による採択協働事業の充実を図ります。
3 地域まちづくり協議会の組織化を進めるとともに、地域まちづくり協議会が進める地域特性を活かしたまちづくりを支援します。
2 市民参加による文化芸術・生涯学習活動の推進 1 市民との協働で「富士見市舞台芸術鑑賞会」を開催することで、市民の感性や創造性を高め、心豊かな人を育むとともに、文化芸術によるまちづくりを進めます。
2 「富士見市民文化祭」を市民と協働で開催し、市民相互の交流や文化創造活動の活性化を図るとともに、市民の文化芸術の振興を促進します。
3 施設の快適な環境を整備するため、ふじみ野交流センターと針ケ谷コミュニティセンターの空調設備の改修工事を行います。
3 地域資源の創出とシティプロモーション戦略の策定 1 市の豊かな地域資源を活用し、「誰もが住みたい、住み続けたい、選ばれるまち富士見市」を実現するため、戦略的なプロモーション活動を推進していきます。
2 市民協働で本市の魅力ある資源を創出するとともに、市のPRと市民の市への愛着を高めるため、PR大使の活動を推進します。
4 防犯・防災対策事業の強化 1 安全なまちづくりを進めるため、商店会などの団体による防犯カメラの設置を支援するとともに、警察と連携し、計画的に防犯カメラを設置します。
2 昨年度見直しを行った富士見市地域防災計画が災害発生時にしっかりと機能するよう、市民への啓発活動を推進します。
3 地域防災力向上のため、避難所備蓄食料の拡充や、高齢者世帯などへの減災器具の設置支援などを行います。
5 地球に優しい・地域に優しい環境づくり 1 温室効果ガスの削減を図るため、再生可能エネルギー機器の設置に対する補助メニューを拡充します。
2 ごみ集積所における軽量な分別かごの導入を行い、運搬時の負担軽減を図ります。

過去の取組内容

▲このページの先頭へ

お問い合わせ

電話:049-251-2711(市役所代表)

総合政策部 政策企画課(内線238)メールフォームへ


より良いホームページとするために、アンケートにご協力をお願いします。

▼ 質問:このページの情報は役に立ちましたか?
▼ 質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
▼ 質問:ホームページのリニューアルの必要性はありますか?
▼ 質問:その他このページについてご意見等をお聞かせください。
※いただいたご意見はホームページの構成に役立たせていただきます。
なお、ご意見等へのご回答は、致しませんのでご了承ください。

また、暗号化して通信されませんので、個人情報等のご記入はご遠慮ください。

政策企画課

お知らせ

▲このページの先頭へ

富士見市役所

〒354-8511埼玉県富士見市大字鶴馬1800番地の1
市役所へのアクセス   市庁舎フロア案内
電話番号 049-251-2711 ファックス049-254-2000

【市庁舎開庁時間】
月~金曜日 午前8時30分~午後5時15分
(祝日と年末年始〔12月29日~1月3日〕を除く)
本庁舎一部窓口:
木曜は午後7時まで土曜開庁日(月1回)
▼西出張所:毎月最終木曜は午後8時まで
QRコード

携帯サイト