TOP > 市政・まちづくり > 施策・計画 > 平成24年度 市民生活部の取組内容

平成24年度 市民生活部の取組内容

重点的に取り組んだ施策

重点施策 取組内容
1 出張所等の改善 1 庁内において「ふじみ野出張所等公共施設検討委員会」が設置され、ふじみ野出張所を含めた公共施設の整備について検討を開始しました。
2 平成25年1月7日、鶴瀬駅西口のサンライトホール(西出張所併設)の一室を活用し「富士見ふるさとハローワーク」がオープンしました。
2 国民健康保険及び後期高齢者医療の運営 1 特定健康診査の受診率向上を図るため、市のマスコットキャラクター「ふわっぴー」を健康大使として各種イベント等に参加し啓発に努めました。また、今年度に特定健診を受診していない40歳から55歳の方を対象に、ハ ガキによる受診勧奨を行いました。
2 ジェネリック医薬品の使用について、今年度から(9月・3月の年2回)ジェネリック医薬品対象の医療を受けた方に対し、差額通知(ジェネリック医薬品に切り替えた場合の自己負担額が安くなる可能性がある)を送付するとともに、9月の被保険者証一斉更新時に、パンフレット(希望カード貼付)を同封し、使用勧奨に努めました。
3 後期高齢者医療保険の保険料収納率の向上策として、電話や訪問による納付勧奨の早期着手に努めました。また、新たに制度に移行する方には、年金特別徴収についての案内を被保険者証に同封して発送するなど、制度や納付方法の違いを分かりやすく周知しました。
3 納税しやすい納付環境の整備 1 平成25年度から、市税(市民税や固定資産税など)に加え国民健康保険税についても全国のコンビニエンスストアで納税できるよう、納付環境の整備を図りました。
4 男女共同参画の推進 1 男女共同参画プラン(第3次)に基づき、市広報及び講演会等において市民への意識啓発を図るとともに、前年度の各課の取組みをとりまとめ、広く市民に公開しました。
5 国際交流の推進 1 多文化共生社会の実現を目指してNPOなどの市民団体と連携し、異文化交流事業を実施して国際交流の推進を図るとともに、外国人登録法の廃止を受けて、多言語による生活情報の提供について大幅な見直しを行いました。

▲このページの先頭へ

お問い合わせ

電話:049-251-2711(市役所代表)

総合政策部 政策企画課(内線234)メールフォームへ


より良いホームページとするために、アンケートにご協力をお願いします。

▼ 質問:このページの情報は役に立ちましたか?
▼ 質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
▼ 質問:ホームページのリニューアルの必要性はありますか?
▼ 質問:その他このページについてご意見等をお聞かせください。
※いただいたご意見はホームページの構成に役立たせていただきます。
なお、ご意見等へのご回答は、致しませんのでご了承ください。

また、暗号化して通信されませんので、個人情報等のご記入はご遠慮ください。

政策企画課

お知らせ

▲このページの先頭へ

富士見市役所

〒354-8511埼玉県富士見市大字鶴馬1800番地の1
市役所へのアクセス   市庁舎フロア案内
電話番号 049-251-2711 ファックス049-254-2000

【市庁舎開庁時間】
月~金曜日 午前8時30分~午後5時15分
(祝日と年末年始〔12月29日~1月3日〕を除く)
本庁舎一部窓口:
木曜は午後7時まで土曜開庁日(月1回)
▼西出張所:毎月最終木曜は午後8時まで
QRコード

携帯サイト