TOP > 観る・楽しむ・学ぶ > ふじみ発 物産・名店市場 > 富士見市の新しいお酒ができました

富士見市の新しいお酒ができました

平成29年10月20日
産業振興課 内線243

 市内産米「彩のきずな」から醸造した純米吟醸酒「縄文海進」の原酒に、市内産の梅を漬け込んだ新しいお酒ができました。11月3日(金曜日・祝日)から、縄文海進販売店の会の加入店にて販売します。富士見市産の新しい味をご賞味ください(予約可)。

 500ml 1,080円(税込) 600本限定販売 
 お問い合わせ先 富士見市商工会 電話049-251-7801

 縄文海進販売店の会の加入店は、こちらをご覧ください。PDFファイル(70KB)このリンクは別ウィンドウで開きます

うめれんかのお披露目のようす

(左から)
田坂佳宏さん(縄文海進販売店の会代表)
佐藤麻里子さん(有限会社佐藤酒造店杜氏)
富士見市長

うめれんかの写真

梅恋花(うめれんか)

お酒の名称について

 お酒の名称を募集したところ、104件の応募をいただきました。ご応募ありがとうございました。
 富士見市商工会、縄文海進販売店の会、市で構成する審査会において選考し、名称を決定しました。

お酒の名称  「 梅恋花 (うめれんか) 」
名称の思い  「仲の良い恋人や、夫婦水入らずで飲むのに最適なお酒だと思い考えました。」

選考の理由  
  新しいお酒は、「縄文海進」と「梅」の出会いで完成しました。この出会いを「恋」と見立て、梅のもつ甘酸っぱさと爽やかさ、梅の花の香りが、新しいお酒のイメージとして伝わることから、お酒の名称に決定しました。

入賞作品・入賞者
最優秀賞(1点) 「梅恋花」 増田泰智さん
優秀賞(5点) 「梅キラリ」 佐々木奈津美さん
「梅☆キラリ」 内田崇紀さん
「梅しずく ふじみ」 安福圭子さん  
「富士見の梅酒 プラッシュ」 梅田幹男さん
「富士見の梅日和」 加美雄大さん

名称の募集については、こちらをご覧ください。このリンクは別ウィンドウで開きます


Adobe AcrobatReaderのダウンロード PDFファイルをご覧になるには、Adobe AcrobatReaderが必要です。
アドビシステムズ社サイト(このリンクは別ウィンドウで開きます)より無償でダウンロードできます。

より良いホームページとするために、アンケートにご協力をお願いします。

▼ 質問:このページの情報は役に立ちましたか?
▼ 質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
▼ 質問:ホームページのリニューアルの必要性はありますか?
▼ 質問:その他このページについてご意見等をお聞かせください。
※いただいたご意見はホームページの構成に役立たせていただきます。
なお、ご意見等へのご回答は、致しませんのでご了承ください。

また、暗号化して通信されませんので、個人情報等のご記入はご遠慮ください。

産業振興課

お知らせ

▲このページの先頭へ

富士見市役所

〒354-8511埼玉県富士見市大字鶴馬1800番地の1
市役所へのアクセス   市庁舎フロア案内
電話番号 049-251-2711 ファックス049-254-2000

【市庁舎開庁時間】
月~金曜日 午前8時30分~午後5時15分
(祝日と年末年始〔12月29日~1月3日〕を除く)
本庁舎一部窓口:
木曜は午後7時まで土曜開庁日(月1回)
▼西出張所:毎月最終木曜は午後8時まで
QRコード

携帯サイト