TOP > 観る・楽しむ・学ぶ > 市内のみどころ > ふじみ・発見! > No,6・・・新河岸川を歩く(3)

No,6・・・新河岸川を歩く(3)

生涯学習課 内線637

木曽目堤

木曽目堤

木染橋付近から浦和所沢バイパスに続く市道は、旧新河岸川当時からの堤防である木曽目堤の上を走っています。木曽目堤は江戸時代前期には築かれていたようで、上流は山形樋管付近からの竹之内堤、下流は佃堤とつながり、水田の広がる場所では、現在も堤の形状がよく残されています。

南畑三村と下流の佃堤のある宗岡村(志木市)とは、天明6年(1786年)の大水害で竹之内・木曽目堤と佃堤の水はけや堤の高さをめぐって幕府評定が行われるほどの争いがありました。こうした争いは幕末まで洪水のたびに繰り返され、堤は村にとって重要なものであったことがわかります。

新河岸川沿いの水神碑

新河岸川沿いの水神碑

現在の新河岸川左岸の土手上に水神碑(水神宮)があります。この碑は、明治35年(1902年)に、水子・南畑・宗岡村の漁業組合関係者などによって建てられました。水神碑は、文字通り水の神に関わるもので、市内の水神碑は新河岸川沿いに多く見られ、漁業のほか舟運に関わって建てられました。

山下河岸

水神碑の対岸には、山下河岸がありました。江戸時代中ごろには開設され、茗荷屋と山田家の二軒の船問屋が東京方面からの塩や糠・灰・下肥を降ろし、所沢・三芳方面からの穀類・薪・野菜などの積み込みを行っていました。

現在は河岸の面影を見ることはできませんが、船着場付近の地形が斜面林の中にわずかに残っています。

新河岸川

新河岸川の流れ
(右岸に山下河岸、左岸に水神碑)

案内図

地図

下南畑・水子地域と新河岸川

お問い合わせ

郵便番号:354-8511
所在地:埼玉県富士見市大字鶴馬1800番地の1

富士見市教育委員会
生涯学習課 (内線637)

電話番号:049-251-2711

ふわっぴーのイラスト


より良いホームページとするために、アンケートにご協力をお願いします。

▼ 質問:このページの情報は役に立ちましたか?
▼ 質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
▼ 質問:ホームページのリニューアルの必要性はありますか?
▼ 質問:その他このページについてご意見等をお聞かせください。
※いただいたご意見はホームページの構成に役立たせていただきます。
なお、ご意見等へのご回答は、致しませんのでご了承ください。

また、暗号化して通信されませんので、個人情報等のご記入はご遠慮ください。

生涯学習課

お知らせ

▲このページの先頭へ

富士見市役所

〒354-8511埼玉県富士見市大字鶴馬1800番地の1
市役所へのアクセス   市庁舎フロア案内
電話番号 049-251-2711 ファックス049-254-2000

【市庁舎開庁時間】
月~金曜日 午前8時30分~午後5時15分
(祝日と年末年始〔12月29日~1月3日〕を除く)
本庁舎一部窓口:
木曜は午後7時まで土曜開庁日(月1回)
▼西出張所:毎月最終木曜は午後8時まで
QRコード

携帯サイト