TOP > 観る・楽しむ・学ぶ > 教育委員会 > 生涯学習について > 平成30年度「伝統文化親子教室事業」の募集について

平成30年度「伝統文化親子教室事業」の募集について

最終更新日:平成29年10月23日
生涯学習課 内線632

事業概要

伝統文化・生活文化の継承・発展と、子どもたちの豊かな人間性の涵養に資することを目的として、次代を担う子どもたちが親とともに、民俗芸能、工芸技術、邦楽、日本舞踊、華道、茶道などの伝統文化・生活文化に関する活動を計画的・継続的に体験・修得できる機会を提供する取組に対して「伝統文化親子教室事業」として国が補助を行っています。
平成30年度の事業について応募を希望される団体は、募集案内等を参照の上、生涯学習課までご提出ください。

補助対象

1 対象団体
伝統文化・生活文化の振興等を目的とする団体であり、かつ、次のいずれかに該当する団体
(1)特例民法法人
(2)一般社団法人・一般財団法人
(3)公益社団法人・公益財団法人
(4)特定非営利活動法人
(5)法人格を有しないが、次の要件をすべて満たしている団体
 ・ 定款、寄附行為に類する規約等を有すること
 ・ 団体の意思を決定し、執行する組織が確立されていること
 ・ 自ら経理し、監査する会計組織を有すること
 ・ 団体活動の本拠としての事務所等を有すること
※上記要件を満たす団体であっても、公的施設の指定管理者として応募することはできません。
2 対象事業
(1)伝統文化親子教室
(2)「放課後子ども教室」及び「土曜日の教育活動」と連携した取組
3 交付要望額(補助対象経費)
1応募団体あたり、上記2の(1)、(2)の事業ごとに50万円を上限とします。(このため上記2の(1)、(2)の両方の取組を行う場合の交付要望額は、1応募団体当たり100万円が上限となります。)
4 実施期間
支援対象開始日から、平成31年1月31日までの間に実施されるもの。
※平成30年度は、期間を延長するための理由書を添付しても、平成31年2月から3月末までに実施した「教室」は対象となりません。
※支援対象開始日は、予算(国)の成立状況によって、変更が生じる場合があります。
5 その他
詳細については伝統文化親子教室事業ホームページをご覧ください。

申請方法

1 募集案内・申請書類
伝統文化親子教室事業ホームページ(外部リンク)このリンクは別ウィンドウで開きますよりダウンロードの上ご利用ください。
2 申請期限
平成29年11月17日(金曜日)までに生涯学習課窓口に直接ご持参ください。

問合せ先

伝統文化親子教室事業事務局
電話 0570-064-176
ファックス 03-6730-6029


より良いホームページとするために、アンケートにご協力をお願いします。

▼ 質問:このページの情報は役に立ちましたか?
▼ 質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
▼ 質問:ホームページのリニューアルの必要性はありますか?
▼ 質問:その他このページについてご意見等をお聞かせください。
※いただいたご意見はホームページの構成に役立たせていただきます。
なお、ご意見等へのご回答は、致しませんのでご了承ください。

また、暗号化して通信されませんので、個人情報等のご記入はご遠慮ください。

生涯学習課

お知らせ

▲このページの先頭へ

富士見市役所

〒354-8511埼玉県富士見市大字鶴馬1800番地の1
市役所へのアクセス   市庁舎フロア案内
電話番号 049-251-2711 ファックス049-254-2000

【市庁舎開庁時間】
月~金曜日 午前8時30分~午後5時15分
(祝日と年末年始〔12月29日~1月3日〕を除く)
本庁舎一部窓口:
木曜は午後7時まで土曜開庁日(月1回)
▼西出張所:毎月最終木曜は午後8時まで
QRコード

携帯サイト