TOP > 施設情報 > 難波田城資料館 > 穀蔵テーマ展示「70年前に戦争があった」 開催中

穀蔵テーマ展示「70年前に戦争があった」 開催中

最終更新日:平成27年8月8日
難波田城資料館 電話:049-253-4664 ファックス:049-253-4665

展示状態

 今から70年前の昭和20年(1945)に、日中・太平洋戦争が終戦を迎えました。本展示会では、市内の戦争被害や戦時下の暮らし、戦地へ行った方の姿などを、市内に残された資料により展示します。

会期・会場
2015年8月8日(土曜日)~2016年8月上旬 
難波田城資料館 穀蔵展示室
見学料
無料
壮丁台帳と召集令状の写真

戦前の男性は、満20歳になると「壮丁台帳」(写真右)に搭載されました。そして戦争などの際に「召集令状」(写真左。通称「赤紙」)が渡されると、数日以内に身の回りを整理して、指定の場所に行かねばなりませんでした。

千人針とお守りの写真

 家族や村人は、出征者を「万歳」で見送りつつ、無事の帰還を願って千人針やお守りなどを渡しました。
 しかし、遺族会がまとめた資料によると、290名の富士見市域出身者が、アジア・太平洋の各地で命を落としました。

空襲被害の展示

 昭和20年(1945)4月2日未明、市内各所に爆弾が落とされました。爆発した爆弾からはギザギザの破片(写真右)が激しい勢いで飛んできました。
 この空襲により、関沢地区で6名の方が命を落としました。鶴瀬小学校の学校日誌(写真左下)にも、その被害の様子が記録されています。

戦争体験記録集写真

 戦争から20年以上経過し、戦争を知らない世代が増えたころから、全国で、戦争を体験した方々が記録を書き残すようになります。
 富士見市でも、これまでに10冊を超える記録文集がまとめられ、また、近年は体験談の映像記録も行われています。
 記録文集は難波田城資料館や市立中央図書館、記録映像(DVD)は市立中央図書館で閲覧することができます。


より良いホームページとするために、アンケートにご協力をお願いします。

▼ 質問:このページの情報は役に立ちましたか?
▼ 質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
▼ 質問:ホームページのリニューアルの必要性はありますか?
▼ 質問:その他このページについてご意見等をお聞かせください。
※いただいたご意見はホームページの構成に役立たせていただきます。
なお、ご意見等へのご回答は、致しませんのでご了承ください。

また、暗号化して通信されませんので、個人情報等のご記入はご遠慮ください。

難波田城資料館

お知らせ

▲このページの先頭へ

富士見市役所

〒354-8511埼玉県富士見市大字鶴馬1800番地の1
市役所へのアクセス   市庁舎フロア案内
電話番号 049-251-2711 ファックス049-254-2000

【市庁舎開庁時間】
月~金曜日 午前8時30分~午後5時15分
(祝日と年末年始〔12月29日~1月3日〕を除く)
本庁舎一部窓口:
木曜は午後7時まで土曜開庁日(月1回)
▼西出張所:毎月最終木曜は午後8時まで
QRコード

携帯サイト