TOP > 施設情報 > 難波田城資料館 > 難波田城公園の こいのぼりと五月人形

難波田城公園の こいのぼりと五月人形

難波田城資料館 電話:049-253-4664
最終更新日:平成29年4月29日

 難波田城公園では、毎年4月中旬から5月中旬まで、こいのぼりと五月人形を展示しています。今年も、2棟の古民家と資料館に展示しています。子どもたちの安らかな成長を願う気持ちは、今も昔も変わりません。

写真

鯉のぼり(1) 旧大澤家住宅と旧鈴木家表門(長屋門)の間に飾っています。鯉のぼりも棹(さお)も市内の方々から寄贈された資料です。
開館日の午前9時に上げ、午後4時に下します。雨がふったり風が強いときは上げません。

写真

鯉のぼり(2) 鯉のぼりの風習は江戸の町民が始めたといわれます。鯉の滝登りの伝説にちなみ、子どもの健やかな成長と出世を願いました。

写真

旧大澤家住宅の五月人形(1) 五月人形には、よろい飾り、かぶと飾り、武者人形などの種類があります。奥座敷には武者人形3体を飾りました。なお、古民家に飾っている五月人形は、建物の寄贈者と別の、複数の市民から寄贈された資料です。

写真

旧大澤家住宅の五月人形(2) 中座敷です。武者人形の一種として飾り馬もあります。

写真

旧金子家住宅の五月人形 2組の段飾りです。よろい飾りを中心に各種の五月人形を組み合わせています。

写真

資料館ホールの五月人形(1) よろい飾りです。開館祝いにあさひ銀行(現・埼玉りそな銀行)鶴瀬支店から寄贈されました。

写真

資料館ホールの五月人形(2) かぶと飾りです。刀、弓、柏餅、ちまき、菖蒲(あやめ)の飾りが添えられています。

写真

紙のこいのぼり 今年(2017年)は5月3日のちょこっと体験で作ることができます。今年の吹き流しは緑・桃・赤・黄・紫の5色です。
紙のミニよろい 今年(2017年)は5月4日のちょこっと体験で作ることができます。今年は緑色も用意しています。
紙のかぶと   今年(2017年)は4月29日のちょこっと体験で作ることができます。大人もかぶることができる大きさです。

写真

常設展示室に展示している、戦国時代の本物のかぶとです。

写真

城跡ゾーンの水堀のショウブです。花がきれいなアヤメやハナショウブと葉の形が似ていますが、分類学的には距離がある植物です。ショウブの葉は、剣のような形や清冽な香りから、邪気を払う力があるとされ、端午(たんご)の節句に軒に吊るしたりお風呂に入れたりします。そこから菖蒲(しょうぶ)の節句ともいうようになりました。尚武(武をたっとぶという意味)と同じ音であることから、武具や武者人形を飾るようになったといわれます。

難波田城資料館

〒354-0004
埼玉県富士見市大字下南畑568-1
電話:049-253-4664
ファックス:049-253-4665

難波田城公園周辺地図


より良いホームページとするために、アンケートにご協力をお願いします。

▼ 質問:このページの情報は役に立ちましたか?
▼ 質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
▼ 質問:ホームページのリニューアルの必要性はありますか?
▼ 質問:その他このページについてご意見等をお聞かせください。
※いただいたご意見はホームページの構成に役立たせていただきます。
なお、ご意見等へのご回答は、致しませんのでご了承ください。

また、暗号化して通信されませんので、個人情報等のご記入はご遠慮ください。

難波田城資料館

イベント

▲このページの先頭へ

富士見市役所

〒354-8511埼玉県富士見市大字鶴馬1800番地の1
市役所へのアクセス   市庁舎フロア案内
電話番号 049-251-2711 ファックス049-254-2000

【市庁舎開庁時間】
月~金曜日 午前8時30分~午後5時15分
(祝日と年末年始〔12月29日~1月3日〕を除く)
本庁舎一部窓口:
木曜は午後7時まで土曜開庁日(月1回)
▼西出張所:毎月最終木曜は午後8時まで
QRコード

携帯サイト