TOP > 健康・福祉・子育て > 障がい者福祉 > 日常生活の支援 > 軽度・中等度の難聴児補聴器購入費補助制度が始まりました

軽度・中等度の難聴児補聴器購入費補助制度が始まりました

最終更新日:平成29年5月9日
障がい福祉課 内線337・338

身体障害者手帳の交付の対象とならない、軽度・中等度の難聴児に対し、言語の習得、教育等における健全な発達を支援するために、医師から勧められた補聴器の購入費用の一部を助成します。申請する前に、必ず障がい福祉課へご相談ください。

対象者

以下の用件をすべて満たす18歳未満の難聴児

・富士見市内に住所を有する児童
・両耳の聴力レベルが25デシベル以上で、身体障害者手帳の交付対象とならない児童
・補聴器の装用により、言語の習得等一定の効果が期待できると医師が判断した児童

※ただし、上記の用件を満たしていても、以下の場合は非該当になります。

・助成対象児童及び同一世帯で市町村民税の課税額が46万円以上の方がいる場合
・労働者災害補償保険法、その他の法令の規定により、補聴器購入費用の助成、還付が受けられる場合

助成額

補聴器購入費及び耐用年数経過後に補聴器を更新する費用の3分の2の額(1000円未満は切り捨て)
助成対象は、原則片側装用ですが、市長が教育上又は生活上の理由により必要と認めた場合は、両耳装用も対象とします。
なお、補聴器には基準価格がありますので、事前にご相談ください。

その他

耐用年数は原則として5年間


お問い合わせ

健康福祉部 障がい福祉課 児童福祉係

所在地:〒354-0021 富士見市大字鶴馬1800番地の1
電話:049-251-2711 内線337・338

より良いホームページとするために、アンケートにご協力をお願いします。

▼ 質問:このページの情報は役に立ちましたか?
▼ 質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
▼ 質問:ホームページのリニューアルの必要性はありますか?
▼ 質問:その他このページについてご意見等をお聞かせください。
※いただいたご意見はホームページの構成に役立たせていただきます。
なお、ご意見等へのご回答は、致しませんのでご了承ください。

また、暗号化して通信されませんので、個人情報等のご記入はご遠慮ください。

障がい福祉課

お知らせ

▲このページの先頭へ

富士見市役所

〒354-8511埼玉県富士見市大字鶴馬1800番地の1
市役所へのアクセス   市庁舎フロア案内
電話番号 049-251-2711 ファックス049-254-2000

【市庁舎開庁時間】
月~金曜日 午前8時30分~午後5時15分
(祝日と年末年始〔12月29日~1月3日〕を除く)
本庁舎一部窓口:
木曜は午後7時まで土曜開庁日(月1回)
▼西出張所:毎月最終木曜は午後8時まで
QRコード

携帯サイト