TOP > 健康・福祉・子育て > 障がい者福祉 > 障がいを知り共に生きるつどいを開催します

障がいを知り共に生きるつどいを開催します

最終更新日:平成27年11月18日
障がい福祉課 内線327

富士見市では、12月3日~9日の障害者週間に合わせて、障がいのある方と交流するイベントを三芳町と共同で開催します。入場無料・申込不要です。

とき

平成27年12月3日(木曜日)

場所

鶴瀬西交流センター

福祉施設等の活動内容を紹介する展示・販売

時間:午後2時から午後4時30分まで
会場:1階集会室

福祉施設や障がい者就労支援センター等の活動内容を紹介する展示、福祉施設で製作している物品の展示・販売をします。

あいサポーター研修

時間:午後1時30分から午後3時まで
会場:3階多目的ホール

あいサポーターとは、様々な障がい特性や障がいのある方が困っていることなどそれぞれに必要な配慮を理解し、日常生活で”ちょっとした配慮”を実践していく活動をする人のことです。
研修を受けて、あなたもあいサポーターになりませんか。

障がい者のお話を聞く会

時間:午後3時から4時まで
会場:3階多目的ホール

各方面で活躍されている障がい者から体験談を交えてお話を聞きます。
・車いす利用者による絵画の展示と製作者のお話(展示・販売あり)
・聴覚障がい者による障がい者スポーツの現状のお話

聴こえとコミュニケーションに関する講演会

時間:午後7時15分から8時45分
場所:3階多目的ホール
テーマ:「あたりまえに働くために~夢をあきらめない~」
講師:昭和大学病院薬剤部 薬剤師 早瀨久美氏

聴覚障がい者として日本で初めて薬剤師免許を交付され、医療関係者として働く中での体験談等から、「聴こえない世界」について知り、平成28年4月の障害者差別解消法の施行後に医療現場等で求められる合理的配慮について、お話を聞きます。
身近な問題である「聴こえ」について、「聴こえない」「聴こえにくい」とはどういうことか?
「手話通訳」「要約筆記」とは何か?
コミュニケーションの障がいについて考えます。

定員

多目的ホール会場のみ、各100人(手話通訳・要約筆記・磁気ループ有り)


障がいを知り共に生きるつどいの案内はこちらをクリックしてくださいPDFファイル(367KB)

お問い合わせ

郵便番号:354-8511
所在地:埼玉県富士見市大字鶴馬1800番地の1

富士見市役所 健康福祉部
障がい福祉課 

電話:049-251-2711(内線327)

ふわっぴーのイラスト

より良いホームページとするために、アンケートにご協力をお願いします。

▼ 質問:このページの情報は役に立ちましたか?
▼ 質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
▼ 質問:ホームページのリニューアルの必要性はありますか?
▼ 質問:その他このページについてご意見等をお聞かせください。
※いただいたご意見はホームページの構成に役立たせていただきます。
なお、ご意見等へのご回答は、致しませんのでご了承ください。

また、暗号化して通信されませんので、個人情報等のご記入はご遠慮ください。

障がい福祉課

お知らせ

▲このページの先頭へ

富士見市役所

〒354-8511埼玉県富士見市大字鶴馬1800番地の1
市役所へのアクセス   市庁舎フロア案内
電話番号 049-251-2711 ファックス049-254-2000

【市庁舎開庁時間】
月~金曜日 午前8時30分~午後5時15分
(祝日と年末年始〔12月29日~1月3日〕を除く)
本庁舎一部窓口:
木曜は午後7時まで土曜開庁日(月1回)
▼西出張所:毎月最終木曜は午後8時まで
QRコード

携帯サイト