TOP > 健康・福祉・子育て > 高齢者福祉 > 「富士見市のつながりを考える市民フォーラム」が開催されます

「富士見市のつながりを考える市民フォーラム」が開催されます

最終更新日:平成28年12月19日
高齢者福祉課 内線397

「富士見市のつながりを考える市民フォーラム」

 健康で生き生きと生活できる支えあいの地域社会づくりを目指して自分ができることや地域でできること、市民同士の支えあいについて一緒に考えませんか(参加費無料)
※手話通訳・要約筆記あり。
とき
1月23日(月曜日)午後1時~4時(午後0時15分開場)
場所
キラリ☆ふじみ
内容
1.基調説明
・「富士見市の現状と課題~10年後の富士見市はどうなる?」高齢者福祉課
・「富士見市の地域の現状と在り方」
生活支援コーディネーター(富士見市社会福祉協議会)
2.講演
「みんなで創ろう 支えあいの地域」
講師:清水肇子氏(公益財団法人さわやか福祉財団理事長)
3.パネルディスカッション
コーディネーター:清水肇子氏
パネリスト:
ふじみ在宅福祉サービスセンター協力会員
いきいきパワーアップクラブ
シティヴェールふじみ野「ゆうゆう会」
ぱれっと料理の会
申込み
1月13日(金曜日)までに高齢者福祉課または富士見市社会福祉協議会に電話でお申込みください(富士見市社会福祉協議会はファックスでの申込みも可)。
富士見市社会福祉協議会 電話 049-254-0747 FAX 049-255-4374

生活支援体制整備事業とは

 一人暮らしの高齢者や高齢者のみの世帯、認知症の高齢者などが増えていく中、高齢者が地域とつながりや生きがいを持ちながら住み慣れた地域で暮らし続けるためには、医療や介護のサービスのみならず、さまざまな生活支援サービスの充実を図ることが重要です。そのためには、市が中心となって地域の皆さんと社会福祉法人、NPO法人、民間企業、ボランティアなどが連携しながら、ニーズに応じた多様なサービスを構築していく必要があります。
 市では、生活支援体制整備事業として、高齢者が住み慣れた地域で暮らし続けるために必要なことは何かを考え、話し合いを行う「富士見市生活支援体制整備推進会議」を定期的に開催しています。また、地域資源の把握やニーズの分析などを行い、体制整備に向けた調整役として「生活支援コーディネーター」を配置しています。
 多様な主体による多様な生活支援サービスの充実が図れるよう、高齢者の生活を支える体制づくりに取り組んでいます。

より良いホームページとするために、アンケートにご協力をお願いします。

▼ 質問:このページの情報は役に立ちましたか?
▼ 質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
▼ 質問:ホームページのリニューアルの必要性はありますか?
▼ 質問:その他このページについてご意見等をお聞かせください。
※いただいたご意見はホームページの構成に役立たせていただきます。
なお、ご意見等へのご回答は、致しませんのでご了承ください。

また、暗号化して通信されませんので、個人情報等のご記入はご遠慮ください。

高齢者福祉課

お知らせ

▲このページの先頭へ

富士見市役所

〒354-8511埼玉県富士見市大字鶴馬1800番地の1
市役所へのアクセス   市庁舎フロア案内
電話番号 049-251-2711 ファックス049-254-2000

【市庁舎開庁時間】
月~金曜日 午前8時30分~午後5時15分
(祝日と年末年始〔12月29日~1月3日〕を除く)
本庁舎一部窓口:
木曜は午後7時まで土曜開庁日(月1回)
▼西出張所:毎月最終木曜は午後8時まで
QRコード

携帯サイト