TOP > 健康・福祉・子育て > 高齢者福祉 > 「第2期 市民後見人養成講座」の受講生を募集します!締切8月31日まで

「第2期 市民後見人養成講座」の受講生を募集します!締切8月31日まで

最終更新日:平成28年7月29日
高齢者福祉課 内線397

富士見市では、誰もが住み慣れた地域で、自分らしく安心して暮らせる地域づくりを目指すため市民後見人の養成と活動を支援しており、その担い手を養成するために平成28年10月から「第2期 市民後見人養成講座」を実施します。

講座内容

日時
 10月4日(火曜日)~12月1日(木曜日)のうち11日間

場所
 富士見市市民福祉活動センターぱれっと

申込条件(以下の3つすべてに該当する方)
 1 富士見市に在住の方
 2 すべての講座に参加できる方
 3 市内で市民後見人として活動できる方

定員
 30名

受講料
 無料(※テキスト代として5,800円を負担いただきます。参考書改訂中のためテキスト代が変更する場合があります。)

申込方法
 
申込書に記入し、富士見市社会福祉協議会まで直接提出。その際、面接日を確認します。(面接日は9月6日(火曜日)・8日(木曜日)・9日(金曜日)のいずれかの日にちで実施します。)
申し込み締切日を8月31日(水曜日)までに延長しました。

 富士見市市民後見人養成講座受講申込書PDFファイル

主催
 
富士見市・富士見市社会福祉協議会

問い合わせ 
 
富士見市社会福祉協議会 049-254-0747


詳しい情報は下記をクリックしてください
 富士見市社会福祉協議会の開設するホームページへリンクします。
 http://www.fujimi-shakyo.or.jp/news/entry.php?eid=00130

成年後見制度とは

認知症や知的障がい・精神障がい等の理由で判断能力が不十分な方々を保護し、支援する制度です。裁判所から選任された成年後見人がご本人に代わって、預貯金の出し入れや施設・医療機関との契約や支払い、介護保険などの手続きを行い、ご本人が地域の中で安心して暮らせるよう支援する制度です。

市民後見人とは

弁護士や司法書士などの専門資格は持たないものの、社会貢献への意欲や倫理観が高い市民で、成年後見人として必要な知識と技術を身につけ、高齢者や障がい者の尊厳を守りながら日常生活の支援を行います。



より良いホームページとするために、アンケートにご協力をお願いします。

▼ 質問:このページの情報は役に立ちましたか?
▼ 質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
▼ 質問:ホームページのリニューアルの必要性はありますか?
▼ 質問:その他このページについてご意見等をお聞かせください。
※いただいたご意見はホームページの構成に役立たせていただきます。
なお、ご意見等へのご回答は、致しませんのでご了承ください。

また、暗号化して通信されませんので、個人情報等のご記入はご遠慮ください。

高齢者福祉課

お知らせ

▲このページの先頭へ

富士見市役所

〒354-8511埼玉県富士見市大字鶴馬1800番地の1
市役所へのアクセス   市庁舎フロア案内
電話番号 049-251-2711 ファックス049-254-2000

【市庁舎開庁時間】
月~金曜日 午前8時30分~午後5時15分
(祝日と年末年始〔12月29日~1月3日〕を除く)
本庁舎一部窓口:
木曜は午後7時まで土曜開庁日(月1回)
▼西出張所:毎月最終木曜は午後8時まで
QRコード

携帯サイト