TOP > 健康・福祉・子育て > 健康 > 脳脊髄液減少症について

脳脊髄液減少症について

最新更新日:平成28年11月18日
健康増進センター 電話049-252-3771
(最近番号の間違えが多いのでお気を付けください)

脳脊髄液減少症とは

交通事故、スポーツ外傷、落下事故等で頭部や全身に強い衝撃を受けたことなどが原因で、脳脊髄液(髄液)が慢性的に漏れてしまい、脳脊髄液が減少してしまう病気です。
髄液が漏れてしまうことにより、大脳や小脳が下がってしまい、神経や血管が引っ張られてしまうため、さまざまな症状が発生します。主なものとして頭痛、めまい、吐き気、耳鳴り、思考力低下などです。

治療法は?

「脳脊髄液減少症」のうち「脳脊髄液漏出症」の治療法として、髄液が漏れている周辺に自身の血液を注入し、その血液の凝固作用を利用して、髄液の漏れを防ぐ「ブラッドパッチ療法」(硬膜外自家血注入療法)があります。平成28年4月1日より、「ブラッドパッチ療法」が保険適用になりました。治療方法や診療・相談にかかる費用等については、担当医師・医療機関とご相談ください。

関連リンク

お問い合わせ

富士見市立健康増進センター

郵便番号:354-0021
所在地:富士見市大字鶴馬3351-2

電話番号:049-252-3771
ファックス:049-255-3321
(最近番号の間違えが多いのでお気を付けください)

ふわっぴーのイラスト


より良いホームページとするために、アンケートにご協力をお願いします。

▼ 質問:このページの情報は役に立ちましたか?
▼ 質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
▼ 質問:ホームページのリニューアルの必要性はありますか?
▼ 質問:その他このページについてご意見等をお聞かせください。
※いただいたご意見はホームページの構成に役立たせていただきます。
なお、ご意見等へのご回答は、致しませんのでご了承ください。

また、暗号化して通信されませんので、個人情報等のご記入はご遠慮ください。

健康増進センター

お知らせ

▲このページの先頭へ

富士見市役所

〒354-8511埼玉県富士見市大字鶴馬1800番地の1
市役所へのアクセス   市庁舎フロア案内
電話番号 049-251-2711 ファックス049-254-2000

【市庁舎開庁時間】
月~金曜日 午前8時30分~午後5時15分
(祝日と年末年始〔12月29日~1月3日〕を除く)
本庁舎一部窓口:
木曜は午後7時まで土曜開庁日(月1回)
▼西出張所:毎月最終木曜は午後8時まで
QRコード

携帯サイト