TOP > くらしのガイド > 保険・年金 > 後期高齢者医療 > 後期高齢者医療保険料

後期高齢者医療保険料

最終更新日:平成29年4月1日
保険年金課 内線311

保険料の決定方法

保険料は、被保険者全員が均等に負担する「均等割額」と、所得に応じて負担する「所得割額」の合計金額となります。
「均等割額」と「所得割額」は埼玉県後期高齢者医療広域連合によって2年ごとに決められます。
平成29年度は、平成28年度と同様に均等割額42,070円、所得割額8.34パーセントになります。

計算方法
保険料(上限57万円)=均等割額42,070円+所得割額{(前年の所得金額-33万円)×8.34パーセント}

所得の低い方に対する軽減について

均等割額の軽減

被保険者および世帯主の総所得金額等の合計額が、次に示す軽減の基準に該当する方は、均等割額を9割、8.5割、5割、2割軽減します。

軽減割合 軽減の基準
(同一世帯内の被保険者及び世帯主の総所得金額等の合計額)
軽減後の均等割額
9割 33万円以下で、被保険者全員が年金収入が80万円以下(他の所得なし)の世帯 4,200円/年
8.5割 33万円以下の世帯 6,310円/年
5割 基礎控除(33万円)+27万円×世帯の被保険者数 21,030円/年
2割 基礎控除(33万円)+49万円×世帯の被保険者数 33,650円/年
  • 「総所得金額等」とは、収入から当該収入の種類に応じた一定の金額を控除した後の金額です。均等割額の軽減の判定には、譲渡所得の特別控除や専従者控除は適用されません。
  • 上記の33万円は基礎控除額です。税制改正などで変わることがあります。
  • 65歳以上で公的年金収入のある方については、年金所得から15万円を控除して計算します(高齢者特別控除)。

所得割額の軽減

賦課の基となる所得金額が58万円(年金収入のみの場合211万円)以下の方は、所得割額を2割軽減します。

被用者保険の被扶養者に係る軽減

後期高齢者医療制度に加入する直前に、健康保険組合や共済組合等の被用者保険の被扶養者であった方は、平成29年度については、均等割額を7割軽減します。この場合、所得割額は賦課されませんので、具体的には12,620円/年となります。
※後期高齢者医療制度に加入する直前に、国民健康保険又は国民健康保険組合に加入されていた方は対象になりません。
※所得が低いことによって均等割額が8.5割または9割軽減にも該当される場合は、被扶養者の均等割額軽減と比較してより軽減される割合の多い方が適用されます。

▲このページの先頭へ

保険料の納め方

特別徴収
年額18万円以上の年金を受給されている方は、保険料は原則として年金からの天引きとなります。ただし、介護保険料との合計額が年金額の2分の1を超える場合や、年金天引き中止の申し出をされた場合は、天引きの対象にはなりません。
普通徴収
特別徴収に該当しない方は、口座振替又は納付通知書により納付してください。

保険料納付方法の変更

保険料の納付方法について、すでに特別徴収(年金天引き)の方や新たに特別徴収が開始される方については、納付方法変更申出書(年金天引中止依頼)の提出により、保険料の納付方法を特別徴収から普通徴収に変更することができます。

口座振替の申し込みについて

普通徴収の方は、保険料の納付はできるだけ口座振替による納付をお願いします。振替を指定された預金口座から各納付月末日(12月は25日)に自動的に納付するしくみです。一度手続きすると毎年継続されますのでたいへん便利です。

ご注意・国民健康保険税を口座振替にしていた方も、満75歳の誕生日をもって保険が変わります。自動的には引き継がれませんので、あらためて口座振替のお申し込みが必要となります。

口座振替申込書
口座振替申込書は口座振替のできる市内各金融機関の窓口および市内各出張所においてあります。また、保険年金課にお電話いただければ郵送します。
口座振替のできる金融機関
埼玉りそな銀行、りそな銀行、みずほ銀行、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、武蔵野銀行、東和銀行、埼玉縣信用金庫、川口信用金庫、東京信用金庫、中央労働金庫、飯能信用金庫、いるま野農業協同組合、ゆうちょ銀行
手続きに必要なもの
通帳、届出印、後期高齢者医療被保険者証
申込書提出先
口座振替を希望する金融機関(用紙に「市保管用」と書いてありますが、まずは金融機関の支店等へ出してください)

※取扱開始期は月の15日までに申込をされた場合は、翌月以降の納期分から、16日以降の場合は、翌々月の納期分からの開始となります。
※指定預金口座への入金は、 振替日の前日までにお願いします。

納付相談を承ります

保険料を納期限までに納めることが難しい場合は、保険年金課老人医療係(電話:049-251-2711 内線311 ファックス:049-255-8172)までご連絡をお願いいたします。
災害等、特別な事情により納付が困難となった方については、申請して認められると保険料が減免される場合があります。

お問い合わせ

郵便番号:354-8511
所在地:富士見市大字鶴馬1800-1

富士見市役所 市民生活部
保険年金課 老人医療係

電話 049‐251‐2711(内線311)

ふわっぴーのイラスト


より良いホームページとするために、アンケートにご協力をお願いします。

▼ 質問:このページの情報は役に立ちましたか?
▼ 質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
▼ 質問:ホームページのリニューアルの必要性はありますか?
▼ 質問:その他このページについてご意見等をお聞かせください。
※いただいたご意見はホームページの構成に役立たせていただきます。
なお、ご意見等へのご回答は、致しませんのでご了承ください。

また、暗号化して通信されませんので、個人情報等のご記入はご遠慮ください。

保険年金課

お知らせ

▲このページの先頭へ

富士見市役所

〒354-8511埼玉県富士見市大字鶴馬1800番地の1
市役所へのアクセス   市庁舎フロア案内
電話番号 049-251-2711 ファックス049-254-2000

【市庁舎開庁時間】
月~金曜日 午前8時30分~午後5時15分
(祝日と年末年始〔12月29日~1月3日〕を除く)
本庁舎一部窓口:
木曜は午後7時まで土曜開庁日(月1回)
▼西出張所:毎月最終木曜は午後8時まで
QRコード

携帯サイト