TOP > くらしのガイド > 保険・年金 > 国民年金 > 学生納付特例制度

学生納付特例制度

最終更新日:平成27年4月1日
保険年金課 内線318

学生納付特例制度とは?

学生本人の所得が一定以下(前年所得が118万円+扶養親族等の数×38万円+社会保険料控除額等の合計以下)の場合、在学期間中の保険料をあとから納めることができる制度です。
○申請手続は年度ごと(4月~3月)に必要です 。
※学生納付特例を承認された方で、翌年度も同じ学校に在学する方には、日本年金機構から「学生納付特例申請書(ハガキ)」(ターンアラウンド用)が送付されます。必要事項を記入し、返送することで学生納付特例の申請ができます。
○対象者は学校教育法に規定された大学・短期大学・高等専門学校・専修学校などに通う学生・生徒などです。定時制・夜間・通信制の学生も対象になります。

学生納付特例を受けた期間は

○10年以内であれば、後から納めることができます(追納)。
※3年度目以降の追納には当時の保険料に加算金がつきます。
○受給資格期間(年金を受けるために必要な期間)として扱われ、障害基礎年金・遺族基礎年金の対象期間になりますが、老齢基礎年金の額には反映されません 。
※追納した場合の年金額は、保険料を納付した場合と同じ年金額で老齢基礎年金を受け取ることができます。

手続き先
市役所保険年金課または日本年金機構の指定を受けた大学など
※指定の有無は大学などで確認してください

必要なもの
(1)年金手帳
(2)学生証(コピー可、ただし表裏両面とも) または在学証明書
(3)印鑑(本人が手続きするときは不要)
(4)離職後に学生になった方は「雇用保険被保険者離職票」や「雇用保険受給資格者証」または「雇用保険被保険者資格喪失確認通知書」など

詳しくは、日本年金機構ホームページをご覧ください。

お問い合わせ

郵便番号:354-8511
所在地:埼玉県富士見市大字鶴馬1800番地の1

富士見市役所 市民生活部
保険年金課 年金係

電話:049-251-2711(内線317~319)

ふわっぴーのイラスト


より良いホームページとするために、アンケートにご協力をお願いします。

▼ 質問:このページの情報は役に立ちましたか?
▼ 質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
▼ 質問:ホームページのリニューアルの必要性はありますか?
▼ 質問:その他このページについてご意見等をお聞かせください。
※いただいたご意見はホームページの構成に役立たせていただきます。
なお、ご意見等へのご回答は、致しませんのでご了承ください。

また、暗号化して通信されませんので、個人情報等のご記入はご遠慮ください。

保険年金課

お知らせ

▲このページの先頭へ

富士見市役所

〒354-8511埼玉県富士見市大字鶴馬1800番地の1
市役所へのアクセス   市庁舎フロア案内
電話番号 049-251-2711 ファックス049-254-2000

【市庁舎開庁時間】
月~金曜日 午前8時30分~午後5時15分
(祝日と年末年始〔12月29日~1月3日〕を除く)
本庁舎一部窓口:
木曜は午後7時まで土曜開庁日(月1回)
▼西出張所:毎月最終木曜は午後8時まで
QRコード

携帯サイト