TOP > くらしのガイド > 保険・年金 > 国民健康保険 > 国民健康保険で受けられる給付

国民健康保険で受けられる給付

保険年金課 内線312

お医者さんにかかる費用〔療養の給付〕

・診察
・病気やケガの治療
・薬や注射などの処置
・入院および看護
・医師の認めた訪問看護費用

※次のような医療にかかる費用は保険給付の対象となりません。
・正常な妊娠、出産
・歯列矯正、美容整形
・健康診断、予防接種
・仕事上の病気、ケガ
・入院時の差額ベット

※次のような医療費については保険給付が制限されます。
・けんかや酒酔いなどが原因のケガや病気
・犯罪や自傷行為によるケガや病気

医療を受けるとき、病院などの窓口で一部負担金を支払う必要があります

※年齢や所得によって一部負担金が異なります。

年齢 負担割合
未就学児※1 2割負担
就学児(小学生)以上70歳未満 3割負担
70歳以上一般 1割負担(昭和19年4月1日までに生まれた方)※3
2割負担(昭和19年4月2日以降に生まれた方)※3
70歳以上現役並み所得者※2 3割負担

※1 未就学児とは、6歳に達する日以後の最初の3月31日までの方です。
※2 現役並み所得者とは、70~74歳の国保被保険者で市民税の課税所得が145万円以上の方がいる場合です。(ただし、70~74歳の人の年収合計が520 万円〔単身世帯は383万円〕未満の場合は申請により1割負担となります)
※3 負担割合の適用は70歳の誕生日の翌月(1日が誕生日の方はその日)から75歳の誕生日の前日まで。毎年の定期的な負担区分の判定は、8月1日現在の世帯状況及び前年所得に基づき行います。ただし、年の途中での所得の更生や、世帯状況の変更等があった場合は随時変更を行います。
高齢受給者証自己負担(一部負担金)割合の判定方法PDFファイル(84KB)
※失業その他、特別な事情により生活が困難となり、医療機関の窓口での一部負担金の支払が困難な場合は、申請により減免(減額)される制度がありますので、ご相談ください。

このような費用も支給されます〔療養費の支給〕

次のような場合で、いったん全額を自己負担した費用については、申請により医療費が支給されます。

平成28年1月以降、マイナンバー(個人番号)の利用開始に伴い、各種手続きに係る届出書につきましては、個人番号の記入をお願いしております。
なお、なりすましなどを防止するため、個人番号と本人確認を行う必要がありますので、「通知カードと本人確認書類」もしくは「個人番号カード」をご持参くださいますようお願いいたします。

事例 申請に必要なもの
旅先などでのケガや急病などで、やむをえず保険証を
持たずに治療を受けた場合
・診察(調剤)内容明細書
・領収書 
医師が治療上必要と認めたコルセットなどの補装具 ・医師の診断(証明)書 
・領収書 
骨折や捻挫などで、国保を扱っていない柔道整復師
の施術を受けた場合
・施術内容明細書 
・領収書 
医師の指示で、あんま・はり・灸・マッサージなどの施術
を受けた場合
・医師の同意書 
・施術内容明細書
・領収書 
手術などで輸血を受けた場合の生血代 ・医師の診断書(意見書) 
・領収書
・輸血用生血液受領証明 
・印鑑
海外渡航中に治療を受けた場合 ・診療内容明細書
・領収明細書(日本語の翻訳文が必要です)
・パスポート等渡航の事実を証明するもの
・印鑑
平成28年1月以降、各種手続きに係る届出書につきましては、個人番号の記入をお願いしております。
  • 申請に必要なものは、上記の書類のほかに、保険証・預金通帳・印鑑です。
    ※ゆうちょ銀行の口座へ振込をご希望の場合、振込用の店名・預金種目・口座番号が必要となります。
    詳しくは、ゆうちょ銀行Webサイト(http://www.jp-bank.japanpost.jp/)をご覧ください。
  • 費用を支払った日の翌日から2年が経過しますと、支給されませんのでご注意ください。
  • 海外渡航中に治療を受けた場合の「診療内容明細書」、「領収明細書」は所定のものでの申請になりますので、旅行などで海外に行かれる場合、万が一に備えあらかじめご持参ください。

※申請用紙は(申請書のダウンロード)にあります。
電子申請・届出サービスで手続きをすることができます。(くわしいページへリンク)

移送費の支給

療養の給付を受けるために、病院または診療所に移送されたときの費用について、厚生労働省令で定める方法で算定した額の移送費が支給されます。
※次のすべてを満たすことが必要です。
・移送により法に基づく適切な治療を受けたこと
・移送の原因である疾病または負傷により移動することが著しく困難であったこと
・緊急その他やむを得なかったこと

▲このページの先頭へ

お問い合わせ

郵便番号:354-8511
所在地:埼玉県富士見市大字鶴馬1800番地の1

富士見市役所 市民生活部
保険年金課 健康保険係

電話:049-251-2711(内線313)

ふわっぴーのイラスト


より良いホームページとするために、アンケートにご協力をお願いします。

▼ 質問:このページの情報は役に立ちましたか?
▼ 質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
▼ 質問:ホームページのリニューアルの必要性はありますか?
▼ 質問:その他このページについてご意見等をお聞かせください。
※いただいたご意見はホームページの構成に役立たせていただきます。
なお、ご意見等へのご回答は、致しませんのでご了承ください。

また、暗号化して通信されませんので、個人情報等のご記入はご遠慮ください。

保険年金課

お知らせ

▲このページの先頭へ

富士見市役所

〒354-8511埼玉県富士見市大字鶴馬1800番地の1
市役所へのアクセス   市庁舎フロア案内
電話番号 049-251-2711 ファックス049-254-2000

【市庁舎開庁時間】
月~金曜日 午前8時30分~午後5時15分
(祝日と年末年始〔12月29日~1月3日〕を除く)
本庁舎一部窓口:
木曜は午後7時まで土曜開庁日(月1回)
▼西出張所:毎月最終木曜は午後8時まで
QRコード

携帯サイト