TOP > くらしのガイド > 保険・年金 > 介護保険 > 総合事業について

総合事業について

最終更新日:平成29年9月22日

高齢者福祉課 内線391

平成29年4月から、介護予防・日常生活支援総合事業(総合事業)が始まりました。総合事業とは、高齢者の皆さんが、いつまでも住み慣れた地域において自立した日常生活を送ることができるよう支援するために行う事業であり、市が中心となり、地域の実情に応じた多様な主体による多様なサービスの充実、地域の支え合いの体制づくりの推進、要支援者等に対する効果的かつ効率的な支援等を目指すものです。何かお困りごとがある場合は、お気軽に高齢者あんしん相談センターまたは市高齢者福祉課の窓口までご相談ください。

総合事業の特徴

介護予防訪問介護と介護予防通所介護の移行

介護保険の予防給付のうち、訪問介護(ホームヘルプサービス)と通所介護(デイサービス)が、総合事業の介護予防・生活支援サービス事業として実施されます。

一般介護予防事業の創設

高齢者全員を対象として実施していた一次予防事業と、支援が必要となる可能性が高い高齢者を対象として実施していた二次予防事業などを再編し、一般介護予防事業が創設されます。

介護予防の促進

心身機能だけではなく、参加や活動の視点を介護予防に取り入れることで、高齢者が地域や社会の中での役割を持ちながら、いきいきとした生活を継続することを目指します。

多様な主体による多様なサービスの充実

高齢者を含めた幅広い世代の市民、NPO、ボランティア、事業者等、様々な人や団体の活動を支援し、高齢者に対するサービスの充実を目指します。

総合事業の対象者

介護予防・生活支援サービス事業の対象者

●要支援1・2の認定を受けた方(要支援者)

●65歳以上で基本チェックリストにより生活機能の低下がみられた方(事業対象者)

一般介護予防事業の対象者

65歳以上の方

申請時の使用書類

窓口での相談の内容によって、下記の書類を記入していただくことがあります。(下記の書類は相談窓口にも設置してあります)

受付シートエクセルファイル

基本チェックリストエクセルファイル

総合事業に関するパンフレットなど

総合事業サービス提供事業所一覧(H29.10.1現在)PDFファイル

通所型サービスCのご案内PDFファイル

介護予防・日常生活支援総合事業パンフレットこのリンクは別ウィンドウで開きます

要支援認定期間満了のお知らせこのリンクは別ウィンドウで開きます

平成29年4月から介護予防・日常生活支援総合事業が始まります(H28年7月)PDFファイル


より良いホームページとするために、アンケートにご協力をお願いします。

▼ 質問:このページの情報は役に立ちましたか?
▼ 質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
▼ 質問:ホームページのリニューアルの必要性はありますか?
▼ 質問:その他このページについてご意見等をお聞かせください。
※いただいたご意見はホームページの構成に役立たせていただきます。
なお、ご意見等へのご回答は、致しませんのでご了承ください。

また、暗号化して通信されませんので、個人情報等のご記入はご遠慮ください。

高齢者福祉課

お知らせ

▲このページの先頭へ

富士見市役所

〒354-8511埼玉県富士見市大字鶴馬1800番地の1
市役所へのアクセス   市庁舎フロア案内
電話番号 049-251-2711 ファックス049-254-2000

【市庁舎開庁時間】
月~金曜日 午前8時30分~午後5時15分
(祝日と年末年始〔12月29日~1月3日〕を除く)
本庁舎一部窓口:
木曜は午後7時まで土曜開庁日(月1回)
▼西出張所:毎月最終木曜は午後8時まで
QRコード

携帯サイト