TOP > くらしのガイド > 届出・証明 > 住民異動の届出

住民異動の届出

最終更新日:平成29年9月26日
市民課 市民係直通 049-252-7110

住民異動の届出

 住民基本台帳は、住所や家族構成などの居住関係を証明するもので、就学・選挙・印鑑登録・国民健康保険・国民年金などの基礎となるものです。住所や世帯構成などが変わるときは、市役所市民課または各出張所へお届けください。

住民基本台帳カードまたはマイナンバーカード(個人番号カード)をお持ちのかたの転入手続きについて
前住所地で転出届出後、富士見市に住み始めた日から14日以内で、かつ転出予定年月日から30日以内に転入届出をした場合は、カードの継続利用ができます。暗証番号の入力が必要になりますので出張所では受付できません。カードおよび下記転入届出時に必要な持ちものを持参しご本人が市役所へお越しください(受付時間:平日午前9時から午後4時 受付場所:市役所市民課)。

世帯全員分の通知カードまたはマイナンバーカード(個人番号カード)をお持ちください
お引越しなどでカードに記載されている情報が変更になった場合、通知カードまたはマイナンバーカード(個人番号カード)の記載内容も変更する必要があります。新住所に住み始めた日から14日以内にカードと下記住民異動届出時に必要な持ちものをご本人が持参してください。なお、マイナンバーカード(個人番号カード)については暗証番号の入力などが必要になりますので出張所では受付できません。市民課へお越しください(受付時間:平日午前9時から午後4時 受付場所:市役所市民課)。

※通知カードやマイナンバーカード(個人番号カード)の記載欄がいっぱいになった場合は、カードを再発行することになります(再発行手数料は無料です)。この場合、カードを回収させていただく必要があります。新しいカードは、地方公共団体情報システム機構で作成されるため、お手元に届くまでに日数がかかりますので、ご了承ください。

新築・改築したときの住所について
新築・改築で住居表示区域の場合は、公図・配置図・平面図を事前にお持ちいただき住居番号を定める必要があります。詳しくは「住居表示区域で新築・改築をしたときは住居表示の届出が必要です」のページをご覧ください。住居表示区域外は家屋番号が住所となりますので、家屋番号のわかる書類をお持ちください。詳しくは市民課へお問い合わせください。

外国人住民のかたの届出について

平成24年7月9日に外国人住民のかたの制度が変更になり、日本人住民のかたと同様に住民基本台帳に記載されることになりました。
住民票に記載される外国人住民のかたが、住居地を定めたときや世帯構成が変わったときは、下記の届出が必要になります。
特に転出届は新制度により新たに定められた手続きのためご注意ください。
届出には入管法または入管特例法の届出も必要なため、必ず在留カードまたは特別永住者証明書を持参してください。
在留カードまたは特別永住者証明書がない場合には、後日、在留カードなどを持参し、手続きが必要になります。手続きしなかった場合には、罰則などが適用されることがありますのでご注意ください。
なお、手続き内容により、家族関係が証明(確認)できる書類が必要になる場合があるほか、請求できるかた以外の、代理人のかたによる手続きでは、委任状が必要になります。委任状の様式については、ページ下部「委任状の様式」をご覧ください。

住民異動の届出の種類

転入届 ※日本人、外国人住民共通

内容 日本国内の他市区町村から富士見市に引越ししたとき
届出できる方 本人または富士見市で同一世帯の方
届出期間 住み始めてから14日以内(届出が遅れると過料がかかる場合があります)
必要なもの ●転出証明書(前住所地の市区町村で転出届出後に発行されるもの)

●届出人の本人確認書類
住民基本台帳カード(顔写真つき)、個人番号カード、パスポート、運転免許証、在留カード、特別永住者証明書など

●届出人の印鑑

●転入する方全員分の通知カードまたは個人番号カード、住民基本台帳カード(お持ちの方のみ)

●外国人住民の場合は、転入する方全員分の在留カード、特別永住者証明書

●外国人住民である世帯主と同一世帯の外国人住民については、世帯主と本人の続柄を証明できる文書(本国の政府等公的機関が発行したもので出生証明書、婚姻証明書など)と、その日本語の翻訳文が必要です。(転出証明書で確認できる場合は不要)

●国民年金手帳(加入している方のみ)

●在学証明書(小・中学生のいる方のみ)

●後期高齢者医療負担区分証明書(前住所地の市区町村長が発行したもの)

※その他の手続きで必要なものについては下記ページにてご確認ください。
その他の主な

手続き
こども医療 児童手当 小・中学校の
転校手続き
国民健康
保険
国民年金 介護保険 後期高齢
医療

▲このページの先頭へ

国外転入届 ※日本人のみ

内容 日本国籍を有するかたが、国外から富士見市に引越してきたとき
届出できる     かた 本人または富士見市で同一世帯のかた
届出期間 住み始めてから14日以内(届出が遅れると過料がかかる場合があります)
必要なもの ●転入するかた全員分のパスポート
※空港の自動化ゲート利用によりパスポートに帰国スタンプがない場合は、自動化ゲート通過時に入管職員へパスポートへの帰国スタンプの押印を申し出てください。帰国スタンプの押印がない場合は、帰国時の飛行機搭乗券の半券など帰国日が確認できるものもあわせて持参ください。半券などがない場合は、帰国する直前に滞在していた国の出国スタンプを確認し、帰国日を申し出ていただきます。出国スタンプもない場合は市民課へお問い合わせください。

●転入するかた全員の氏名が記載された戸籍謄本および戸籍の附票(富士見市に本籍があるかた、富士見市から出国し5年以内に転入するかたは不要)

●転入するかた全員分の通知カードまたはマイナンバーカード(個人番号カード)(お持ちのかたのみ)

●届出人の本人確認書類
パスポート、運転免許証、住民基本台帳カード(顔写真つき)、マイナンバーカード(個人番号カード)、在留カード、特別永住者証明書など

●届出人の印鑑

●国民年金手帳(加入しているかたのみ)

※その他の手続きで必要なものについては下記ページにてご確認ください。
その他の主な
手続き
こども医療 児童手当 小・中学校の
転校手続き
国民健康
保険
国民年金 介護保険 後期高齢
医療

▲このページの先頭へ

転居届 ※日本人、外国人住民共通

内容 富士見市内で引っ越ししたとき
届出できる
かた
本人または新旧住所地で同一世帯のかた
届出期間 住み始めてから14日以内(届出が遅れると過料がかかる場合があります)
必要なもの ●届出人の本人確認書類
住民基本台帳カード(顔写真つき)、マイナンバーカード(個人番号カード)、パスポート、運転免許証、在留カード、特別永住者証明書など

●届出人の印鑑

●転居するかた全員分の通知カードまたはマイナンバーカード(個人番号カード)、住民基本台帳カード(お持ちのかたのみ)

●外国人住民である世帯主と同一世帯の外国人住民については、世帯主と本人の続柄を証明できる文書(本国の政府など公的機関が発行したもので出生証明書、婚姻証明書など)と、その日本語の翻訳文が必要です。(旧住所と世帯構成が変わらない場合は不要)

●国民健康保険被保険者証(加入しているかた)

●医療受給者証(所持しているかた)

●後期高齢者医療被保険者証(加入しているかた)

●介護保険被保険者証(所持しているかた)

上記のほか、富士見市から発行されたもの

※その他の手続きで必要なものについては下記ページにてご確認ください。
その他の主な
手続き
こども医療 児童手当 小・中学校の
転校手続き
国民健康
保険
介護保険 後期高齢
医療

▲このページの先頭へ

転出届 ※日本人、外国人住民共通

内容 富士見市から日本国内の他市区町村へ引越すとき
届出できる
かた
本人または富士見市で同一世帯のかた
届出期間 おおむね引越しの前後14日以内
必要なもの ●届出人の本人確認書類
住民基本台帳カード(顔写真つき)、マイナンバーカード(個人番号カード)、パスポート、運転免許証、在留カード、特別永住者証明書など

●届出人の印鑑

●国民健康保険被保険者証(加入しているかた)

●印鑑登録証(登録しているかた)

●医療受給者証(所持しているかた)

●後期高齢者医療被保険者証(加入しているかた)

●介護保険被保険者証(所持しているかた)

上記のほか、富士見市から発行されたもの

※その他の手続きで必要なものについては下記ページにてご確認ください。
その他の主な
手続き
こども医療 児童手当 小・中学校の
転校手続き
国民健康
保険
介護保険 後期高齢
医療

▲このページの先頭へ

国外転出届 ※日本人、外国人住民共通

内容 1年以上出国する場合
届出できる
かた
本人または富士見市で同一世帯のかた
届出期間 国外へ転出する前
必要なもの ●届出人の本人確認書類
住民基本台帳カード(顔写真つき)、マイナンバーカード(個人番号カード)、パスポート、運転免許証、在留カード、特別永住者証明書など

●届出人の印鑑

●国外転出するかた全員分の通知カードまたはマイナンバーカード(個人番号カード)、住民基本台帳カード(お持ちのかたのみ)

●国民健康保険被保険者証(加入しているかた)

●印鑑登録証(登録しているかた)

●医療受給者証(所持しているかた)

●後期高齢者医療被保険者証(加入しているかた)

●介護保険被保険者証(所持しているかた)

上記のほか、富士見市から発行されたもの

※出国後に国外転出届をする場合
上記のものに加え、本人のパスポートのコピー(本人の顔写真ページと、出国印が押印されているページ)が必要です。代理人が届出する場合は、本人自筆の委任状(原本。コピー、ファックス不可)が必要になります。

※その他の手続きで必要なものについては下記ページにてご確認ください。
その他の主な
手続き
こども医療 児童手当 小・中学校の
転校手続き
国民健康
保険
国民年金 介護保険 後期高齢
医療

▲このページの先頭へ

世帯変更届 ※日本人、外国人住民共通

内容 世帯主が変わったときや、世帯を合併・分離するとき
届出できる
かた
新旧世帯主
必要なもの ●届出人の本人確認書類
住民基本台帳カード(顔写真つき)、マイナンバーカード(個人番号カード)、パスポート、運転免許証、在留カード、特別永住者証明書など

●届出人の印鑑

●外国人住民である世帯主と同一世帯の外国人住民については、世帯主と本人の続柄を証明できる文書(本国の政府など公的機関が発行したもので出生証明書、婚姻証明書など)と、その日本語の翻訳文が必要です。

●国民健康保険被保険者証(加入しているかた)

●医療受給者証(所持しているかた)

●後期高齢者医療被保険者証(加入しているかた)

●介護保険被保険者証(所持しているかた)

上記のほか、富士見市から発行されたもの

※その他の手続きで必要なものについては下記ページにてご確認ください。
その他の主な
手続き
国民健康保険 介護保険 後期高齢者医療

▲このページの先頭へ

外国人住民のかたのみの届出

新規上陸に伴う届出

内容 外国人で中長期在留資格をもつかた(「短期滞在」や「3月」以下の在留期間を有するかたを除く)が国外から入国後、最初に行う住所設定の手続き
届出できる     かた 本人または同一世帯員
届出期間 住み始めてから14日以内(届出が遅れると過料がかかる場合があります)
必要なもの ●転入するかた全員分の在留カード、特別永住者証明書、在留カードが後日交付の場合は、後日在留カードを交付する旨が記載されたパスポート

●転入するかた全員分のパスポート

●届出人の本人確認書類(本人が届出できない場合で、本人の同一世帯員のかたが届出人となる場合)
パスポート、運転免許証、住民基本台帳カード(顔写真つき)、マイナンバーカード(個人番号カード)、在留カード、特別永住者証明書など

●外国人住民である世帯主のかたと同じ世帯の外国人住民のかたについては、世帯主と本人の続柄を証明できる文書(本国の政府など公的機関が発行したもので出生証明書、婚姻証明書など)と、その日本語の翻訳文が必要です。
その他の主な
手続き
こども医療 児童手当 小・中学校の
転校手続き
国民健康
保険
国民年金 介護保険 後期高齢
医療

▲このページの先頭へ

資格変更に伴う届出 ※外国人住民のみ

内容 日本に居住している外国人のうち、短期滞在者などで住民票作成の対象ではなかったかたが、中長期在留者などの住民票作成対象者に資格変更があった場合
届出できる     かた 本人または同一世帯員
届出期間 中長期在留者などの許可日から14日以内(届出が遅れると過料がかかる場合があります)
必要なもの ●本人の在留カード、特別永住者証明書

●本人のパスポート

●届出人の本人確認書類(本人が来庁できず、同一世帯員が届出する場合)
在留カード、特別永住者証明書、住民基本台帳カード(顔写真つき)、マイナンバーカード(個人番号カード)、パスポート、運転免許証、後日在留カードを交付する旨が記載されたパスポートなど

●外国人住民である世帯主と同一世帯の外国人住民については、世帯主と本人の続柄を証明できる文書(本国の政府など公的機関が発行したもので出生証明書、婚姻証明書など)と、その日本語の翻訳文が必要です。

※その他の手続きで必要なものについては下記ページにてご確認ください。
その他の主な
手続き
こども医療 児童手当 小・中学校の
転校手続き
国民健康
保険
国民年金 介護保険 後期高齢
医療

▲このページの先頭へ

続柄変更の届出 ※外国人住民のみ

内容 外国人住民の世帯で、世帯構成員の続柄に変更があった場合に必要な手続き
届出できる
かた
本人または同一世帯員
必要なもの ●本人の在留カード、特別永住者証明書

●本人のパスポート

●届出人の本人確認書類(本人が来庁できず、同一世帯員が届出する場合)
在留カード、特別永住者証明書、住民基本台帳カード(顔写真つき)、マイナンバーカード(個人番号カード)、パスポート、運転免許証など

●外国人住民である世帯主と世帯構成員の続柄を証明できる文書(本国の政府など公的機関が発行したもので出生証明書、婚姻証明書など)と、その日本語の翻訳文が必要です。(転出証明書で確認できる場合は不要)

●国民健康保険被保険者証(加入しているかた)

●医療受給者証(所持しているかた)

●後期高齢者医療被保険者証(加入しているかた)

●介護保険被保険者証(所持しているかた)

上記のほか、富士見市から発行されたもの

※その他の手続きで必要なものについては下記ページにてご確認ください。
その他の主な
手続き
こども医療 児童手当 介護保険 後期高齢者医療

▲このページの先頭へ

代理人による手続き

代理人のかた(届出できるかた以外のかた)が手続きに来る場合、それぞれ所定の届出に必要な書類に加えて、下記のものが必要です。

  • 委任状 ※ページ下部の「委任状の様式」をご覧ください。
  • 代理人の印鑑
  • 代理人の本人確認書類

法定代理人(16歳未満の未成年者の両親、成年後見人など)である場合には、法定代理人の本人確認書類・印鑑に加えて、法定代理人であることを示す戸籍謄本、または大使館で発行される続柄を証する証明書などの書類が必要です。

委任状の様式

委任状は各市町村で用意している所定の様式に本人自ら記入するほか、下記の所定の項目を全て本人自ら記入した、A4大の白紙・便箋などで代用することが可能です。

  • 「委任状」という名称の表記
  • 記入年月日
  • 委任者本人の住所・氏名・生年月日
  • 委任者本人の署名または記名・押印
  • 代理人の住所・氏名
  • 委任する内容(例:住民票を1通取得すること など)

委任状(参考様式)のダウンロードはこちら

郵送による転出の届出

住所異動については、転出の手続きのみ、郵送で申請することができます。
なお郵送転出については、本人からの請求に限っており、代理人が郵送請求することは原則としてできません。

転出手続きに必要な所定の申請書式に記入したもの、所定の本人確認書類(コピーしたもので可)、あらかじめ切手・宛先を記入した返信用封筒(宛先については、新旧住所地以外に原則として送付できません)を入れて下記の送付先へ送付する必要があります。転出の内容によって、入れていただく書類に違いがある場合がございますので、郵送による転出届出にあたっては、念のためお問い合わせください。

「郵便による転出証明書請求書」のダウンロードはこちら

送付先

〒354-8511
埼玉県富士見市大字鶴馬1800番地の1

富士見市役所 市民課

電話:049-252-7110


より良いホームページとするために、アンケートにご協力をお願いします。

▼ 質問:このページの情報は役に立ちましたか?
▼ 質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
▼ 質問:ホームページのリニューアルの必要性はありますか?
▼ 質問:その他このページについてご意見等をお聞かせください。
※いただいたご意見はホームページの構成に役立たせていただきます。
なお、ご意見等へのご回答は、致しませんのでご了承ください。

また、暗号化して通信されませんので、個人情報等のご記入はご遠慮ください。

市民課

お知らせ

▲このページの先頭へ

富士見市役所

〒354-8511埼玉県富士見市大字鶴馬1800番地の1
市役所へのアクセス   市庁舎フロア案内
電話番号 049-251-2711 ファックス049-254-2000

【市庁舎開庁時間】
月~金曜日 午前8時30分~午後5時15分
(祝日と年末年始〔12月29日~1月3日〕を除く)
本庁舎一部窓口:
木曜は午後7時まで土曜開庁日(月1回)
▼西出張所:毎月最終木曜は午後8時まで
QRコード

携帯サイト