TOP > 市長の部屋へようこそ > 市長へ手紙を出そう > 平成25年度 > 平成25年度 環境関係(ゴミ、リサイクル、自然保護など)の意見等

平成25年度 環境関係(ゴミ、リサイクル、自然保護など)の意見等

意見等の概要 環境家計簿について 受付日:1月23日 | 担当課:環境課

内容の要旨  町会から「環境家計簿」の記入・提出依頼を受け、計算用紙に記入し終わりました。我が家の二酸化炭素排出量と「富士見市における他のご家庭」の「昨年1ヶ月平均値」と対比して驚きました。我が家の値は、冬季で電気・ガス・灯油は「昨年1ヶ月平均値」より多くてもやむを得ないにしても、数倍の値になるのです。しかし、冷静になって「合計」値を見ると、1.5倍にもならないのです。内訳を見ると、「富士見市における他のご家庭」の「昨年1ヶ月平均値」の電気・ガス・水道・灯油・ガソリン各々の数値と合計が対応しないのです。
 なぜ、このような理解不能な依頼文書が、発表されたのでしょうか。数値は複数の方が点検する仕組みにはなっていないのですか。第2次富士見市環境基本計画に影響はないのですか。
対応内容  環境家計簿につきましては、富士見市環境施策推進市民会議と市の協働事業として、身近にできる地球温暖化対策に着目し作成をしているものです。
 ご指摘いただきました内容につきまして、記載データの見直しを行ったところ、平均値の計算過程で誤りがありました。お詫び申し上げます。
 今後は、このような訂正が生じることのないようチェック体制の見直しを図ってまいりますので、ご理解をお願いいたします。
 また、この平均値は、昨年度の環境家計簿の参加者データを集計し算出しているものであり、第2次富士見市環境基本計画への影響はございません。

▲このページの先頭へ


意見等の概要 ごみ収集かごについて 受付日:12月11日 | 担当課:環境課

内容の要旨  地区のごみ当番が月ごとに割り振られていて、当番が前日にごみ出しの準備をしています。ごみを出す場所には、かごやネットを保管する場所がないので、毎回自宅に持ち帰っています。自宅にもごみのかごやネットを保管するような場所がなく、駐車スペースの一部に置いていますが、屋根がないため野ざらしになってしまい、通行人にごみのポイ捨てをされてしまうといった現状です。
 また、燃えないごみ、缶などのごみの日は、かごを出さなければいけないので、重いかごをごみ収集の場所まで運んで行くのも大変です。
 そこで、提案なのですが、かごなど大きなものは、ごみの業者の方に前日に準備して頂くことはできないでしょうか。切実に悩んでおりますので、ご検討をお願い申し上げます。
対応内容  日頃から、ごみ収集かごの出し入れにつきまして、ご協力をいただき感謝申し上げます。
 ごみ集積所へのかごの出し入れにつきましては、市民の皆様にご協力いただく中で、苦慮されているとの声を伺っております。また、市民の皆様が、重いかごを運ぶ大変さは十分理解しております。
 市では、かごを運搬するためのキャリーカートやネットを使用していただくなど、集積所の代表者からご相談いただいた状況に合わせて対応しておりますので、一度、地域の方々との話し合いをお願いいたします。
 なお、ごみ集積所は、市内に約3,000箇所あります。集積所の管理方法にも様々な形態があり、市では、他の先進事例などを含め、どのような方法がよいのか研究してまいります。

▲このページの先頭へ


意見等の概要 ふじみ野駅西口駅前のムクドリ対策について 受付日:8月19日 | 担当課:環境課

内容の要旨  ふじみ野駅西口駅前のムクドリ対策ですが、早朝の糞の掃除など富士見市におかれましても積極的に取り組んでいらっしゃることと思います。
 鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律により、対策に悩まれているかと思いますが、鷹匠による駆除に関するサイトを拝見し効果があるように思いメールをいたしました。
 確かに西口から追い払っても他の近隣地へ移動するだけとの意見もありますが、鷹の活動範囲については、当然ムクドリは認識していると思われますので、広範囲に渡り効果が期待できるように思います。
 「このエリアは安全なねぐらにはならない」と鳥に認識させるのが一番の効果と思います。
対応内容  市では、ふじみ野駅西口駅前のムクドリ対策として、ムクドリの追払いと糞の清掃を実施しておりますが、ご指摘のように根本的な解決に至っていないのが現状です。
 鷹匠による追払いについては、専門家に確認したところ、一時的には効果があるものの、作業を終えるとムクドリが戻ってきてしまい、完全に追払うことはできないのではないかとのことでした。
 また、ムクドリが、どの場所へどのくらい移動するのか予測できない状況です。そのため、鷹匠による追払いを実施することは、難しいものと考えています。
 市では、今後も先進的なムクドリ対策の情報を収集し、効果的な対策を検討してまいります。
 なお、ムクドリが集まるふじみ野駅西口の街路樹剪定は、9月に予定しています。
(街路樹剪定については、9月9日~9月14日に実施いたしました。)

▲このページの先頭へ


意見等の概要 ごみの収集について 受付日:7月19日 | 担当課:環境課

内容の要旨  ごみの収集について、市のルールと実際の運用での落差があり、ご質問させていただきます。
 敷地内の樹木剪定をし、枝葉等を市販のガラ袋に入れて、可燃ごみとして出したところ、規定外として取り残されました。過去にはそのまま回収されております。
 大きな枝を紐で束ねた以外の枝葉を可燃ごみとして出すには、市販のビニールごみ袋では破れてしまい、ガラ袋が最適と思料いたしております。的確なる回答をお待ちします。
対応内容  ごみを収集する際は、収集する作業員で差異が生じぬよう富士見市の「ごみの出し方」に則り収集するよう指導してまいりますので、ご理解をお願いします。
 次に、小枝の排出についてお答えします。
 ごみの収集は、路上での停車収集であること、また、富士見市内に集積所が約3,000箇所あることから、一箇所あたり短時間での収集が求められています。
 ガラ袋などの不透明袋では、収集時すばやく内容物が確認できません。また、ルール違反物が入っていた場合には、見落とす可能性があります。このようなことから、可燃ごみの出し方として、「乳白色の半透明袋、無色透明袋、レジ袋」での排出をお願いしています。
 紐で束ねられない小枝の排出方法は、細かく裁断していただくなど、袋が破れないようにして排出をお願いします。また、1枚では袋が破れてしまう場合は、袋の中身が確認できる程度に袋を重ねるなどして排出をお願いします。

▲このページの先頭へ


意見等の概要 資源ごみの持ち去りについて 受付日:7月10日 | 担当課:環境課

内容の要旨  毎週月曜日になると、軽自動車が来て、マンションの資源ごみを持ち去ります。何度も見かけましたので、パトロールとかできませんか。
対応内容  資源ごみの持ち去りについては、今回と同様のご意見をいただいています。市としましては、その際、東入間警察署に出向き、ふじみ野西区域の同時間帯にパトロールの強化をお願いしています。
 警察のほうでは、不審な行動を見かけた際に、110番通報をしていただければ、駅前交番からすぐ現場に向かうので通報のご協力をいただきたいとのことです。 
 なお、持ち去りの行為者に対しましては、危険が伴う可能性があるため、直接関わらないようお願いします。

▲このページの先頭へ


より良いホームページとするために、アンケートにご協力をお願いします。

▼ 質問:このページの情報は役に立ちましたか?
▼ 質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
▼ 質問:ホームページのリニューアルの必要性はありますか?
▼ 質問:その他このページについてご意見等をお聞かせください。
※いただいたご意見はホームページの構成に役立たせていただきます。
なお、ご意見等へのご回答は、致しませんのでご了承ください。

また、暗号化して通信されませんので、個人情報等のご記入はご遠慮ください。

秘書広報課

お知らせ

▲このページの先頭へ

富士見市役所

〒354-8511埼玉県富士見市大字鶴馬1800番地の1
市役所へのアクセス   市庁舎フロア案内
電話番号 049-251-2711 ファックス049-254-2000

【市庁舎開庁時間】
月~金曜日 午前8時30分~午後5時15分
(祝日と年末年始〔12月29日~1月3日〕を除く)
本庁舎一部窓口:
木曜は午後7時まで土曜開庁日(月1回)
▼西出張所:毎月最終木曜は午後8時まで
QRコード

携帯サイト